きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

目でも楽しめる!【松涛園】の冬の和菓子たち@玉島

倉敷市玉島にある和菓子屋「松涛園(しょうとうえん)」で、冬の生菓子などを購入してきました。

 

下記は以前紹介したお店の詳細のブログ記事です。

kibi6.hatenadiary.jp

 

購入

今回購入したのはこちら。

 

紙袋の中身はこんな感じです。

 

 

カラス天狗クッキー

 

玉島のシンボルになっているカラス天狗をモチーフにしたクッキーです。

 

ココアと柑橘系の2種類。あまり形にカラス天狗感はないような気がしますが、さっくりとした食感と確かな風味で、クッキーとしてはもちろん美味しいです。

 

こちらは焼菓子2つ。

 

レモンチョコケーキ

 

こんもりしたレモンチョコケーキ。

 

爽やかな風味で、まったりとした味わい。原材料欄を見るとレモンピールが入っているようですが、口触りで感じることはなく個人的には好きなタイプです。

 

アーモンドチョコ

 

いい焼き色のパウンドケーキは、アーモンドのゴロっとした食感と香ばしい風味。

 

続いて練切です。こちらは冬らしい練り菓子三種。

 

白銀

 

白い練り菓子の上に白い雪の結晶がのる渋いデザイン。侘び寂びがあります。

 

 

真ん中で炭が赤々と燃える火鉢でしょうか。ちゃんと暖かさが伝わって来るのがすごいです。

 

持ち帰り時に傾いてパックにくっついてしまい、外側の形が少し崩れてしまったのがちょっと残念。購入時に気を付けたいところです。

 

テカテカにコーティングされた粒粒の黒い小豆の上に、ちょこんとのった雪だるまが可愛らしい。ちなみに中はこし餡です。

 

続いては、めでたい感じの生菓子三種。

 

干支

 

シンプルな丸い形に今年の干支・ウサギのデザインが施されています。

 

歓びの歌

 

年の瀬の風物詩「歓びの歌」を題材にした練り菓子。五線譜に音符の細かい作業が見事です。なにげにト音記号が上手く書けています。

 

ちなみに今回は年末(26日)に訪問しています。

 

幸の色

 

そして見るからに可愛らしい鯛の形の練り菓子。上下が淡い色合いでツートンカラーになっているのも良いです。緑の葉っぱがアクセント。食べればめでたいことが起こるような気がしてきます。

 

なんだか食べるのが惜しいような気がしてしまう、目でも楽しませてくれる練り菓子たち。実は今回、正月用の新春生菓子を目当てに行ったのですが、ちょっと訪れるのが早すぎたようで、まだ販売していませんでした。

 

今年の新春生菓子はお店のインスタで紹介されていました。

 

昨年のものは下記記事で紹介しています。

kibi6.hatenadiary.jp

 

とは言え、いつ行っても素敵な和菓子が並んでいるので、ちょくちょくと定期的に訪れたい和菓子屋さんです。

 

kibi6.hatenadiary.jp

 

松涛園

住所:倉敷市玉島中央町1丁目12−18

営業時間:8:30~17:30

定休日:無

駐車場あり

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp