きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

モッチモチ!コシの強い讃岐うどん【うどん村 辰巳店】

岡山市北区辰巳にあるうどん店「うどん村 辰巳店」に行ってきました。

 

 備前西市駅から車なら五分、歩いて15分ほど、岡山児島線(県道21号線)から大野辻の交差点へ向かう道路沿いの場所。道路を挟んだ斜め向かいには、こちらもうどん屋「かめや」があります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

うどん村はこの辰巳店の他に、岡山大学病院の南側、奥田本町に奥田店があります。

 

 

外観

コンビニっぽい一階建てのシンプルで渋い外観の店舗です。

 

駐車場は店舗の前にあります。

 

店内

セルフ方式のうどん屋さんです。入ると注文レーンがあるので、お盆を取って進みます。レーンの上にメニューが掲示されているので、好きなうどんを注文し、てんぷら類やおにぎり等を取って、出来上がったうどんを受け取り、会計をします。

 

その先には、レバーをひねるとうどんだしが出てくる設備や薬味類が置かれたコーナー。キッチンバサミも置いてあるので、げそ天などそのままでは食べにくい揚げ物を、一口サイズにカットすることができます。

 

注文レーンを抜けると、カウンター席が並んでいます。

 

店の奥には小上がりの座敷席があります。

 

窓側には4人掛けのテーブル席が並んでいます。店内禁煙。

 

メニュー

セルフうどん店の一般的なメニューが並んでいます。それぞれサイズが小・中・大とあり、小が1玉、中が1玉半、大が2玉の量だそうです。さらに3玉・4玉分がある特大も注文できます。

 

さらに揚げ物類やおにぎりなども、注文レーンに並んでいます。

 

かけうどんは、麺も出汁も温かい「あつあつ」、麺は冷たく出汁は温かい「そのまま」どちらかを注文口で伝える必要があります。現在のお店のおすすめは「そのまま」で、季節によっておすすめは変わるそうです。

 

店内には「春用の麺に変更しました。」という掲示があり、季節ごとに麺の種類を変えているのか、こだわりを感じます。また、数量限定で「さぬきの夢」という小麦粉だけを使った麺を出す企画を行ったりもしているようです。

 

ざるうどん(小 350円)

 

注文したのはざるうどんの小。ネギだけはうどんと一緒に受け取り、その他の薬味はお好みで薬味コーナーでトッピングします。

 

麺はかなりコシが強くて、もちもち。なかなかの食べ応えで、いかにも讃岐うどんといった感じです。つけ汁も濃すぎず、うどんそのものの味を楽しめるようなちょうどよい味付け。良いです。

 

とり天、げそ天

 

うどんと一緒にとり天とげそ天。セルフうどん店の揚げ物はたまに冷めてベチャっとしたものがあったりしますが、こちらは冷めてもサクサクです。一つ一つがボリュームもあって美味しいです。

 

うどん村 辰巳店

住所:岡山市北区辰巳30-104

営業時間:11:00~20:00(月~木、土・日・祝)

営業時間:11:00~15:00(祝日以外の金曜)

定休日:なし

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp