きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

「いちご夢二」や「わらピ」も!竹久夢二生家のすぐ近く【敷島堂 邑久総本店】

f:id:kibi6:20210727222800j:plain

瀬戸内市邑久町にある和菓子屋「岡山夢菓匠 敷島堂 邑久総本店」に行って来ました。

 

場所は赤穂線 邑久駅から車で7分、岡山ブルーライン 邑久ICからなら車で5分の県道224号線沿いにあります。

 

 

敷島堂は「竹久夢二本舗敷島堂」という会社名なのですが、社名に冠している竹久夢二の生家にもほど近く、車で3分ほどの距離。

kibi6.hatenadiary.jp

 

 「敷島堂」はその他にも岡山駅内など、岡山市、赤磐市に計8店舗の直営店があります。またお菓子は各種お土産屋などでも購入することが出来ます。

 

外観

f:id:kibi6:20210727222814j:plain

広い敷地に大きな店舗。奥側は本社工場となっているようです。

 

f:id:kibi6:20210727222824j:plain

道路側には「竹久夢二生誕の地 敷島堂」という大きな看板。

 

f:id:kibi6:20210727222938j:plain

その下には、竹久夢二作詞の「宵待草」の歌詞が刻まれた石碑。

 

まてど暮せど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ こよひは月も出ぬそうな

 

f:id:kibi6:20210727222949j:plain

道路の向こうに広がるのはのどかな田園風景。空が広いです。

 

f:id:kibi6:20210727223001j:plain

そして入り口近くには大きな輪っかが。

 

f:id:kibi6:20210727223021j:plain

「茅の輪(ちのわ)」と言うそうで、説明書きによるとこれをくぐることで半年間の病災を免れることが出来るそうです。今のご時世、くぐっておきたくなります。

 

f:id:kibi6:20210727223035j:plain

ちなみにこの説明書きの裏側はこうなってました。少しむむむ、となります。

 

f:id:kibi6:20210727223048j:plain

その近くには石碑。「念ずれば花ひらく」という坂村真民の詩のようですが、お店との関係は不明です。

 

店内

f:id:kibi6:20210727224254j:plain

外観通りの広い店内。店員さんもたくさんいて丁寧な接客をしてくれます。「敷島堂」はどの店舗でも接客がしっかりとしている印象です。

 

f:id:kibi6:20210727224305j:plain

たくさん箱菓子が並んでいます。

 

f:id:kibi6:20210727224318j:plain

一個から買うことが出来るバラ売りのコーナーもあります。

 

f:id:kibi6:20210727224336j:plain

店内の一角では、お茶を飲みながら購入したお菓子を食べられるちょっとしたスペースも(現在はお茶の提供は中止中)。

 

f:id:kibi6:20210727224349j:plain

こちらはお店の右側部分。わらび餅や「夢どら」といった冷蔵の菓子もあります。

 

f:id:kibi6:20210727224401j:plain

その奥にあるのは…

 

f:id:kibi6:20210727224444j:plain

タピオカならぬわらび餅ドリンクの「わらピ」。人気のようでわらピ片手にお店を出てくる人がたくさんいました。

 

f:id:kibi6:20210727224456j:plain

自宅で作れる「わらピ」のギフトセットも販売していて、これは楽しそうで喜ばれそうです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

岡山夢菓匠敷島堂(@shikishimado)がシェアした投稿

ちなみに巷で話題の敷島堂の「しぼりたてモンブラン」はこちらの総本店ではなく、岡山市中区にある平井店内のシキシマドウノカフェで提供されています。「わらピ」はどの店舗でも購入できるようです。

 

f:id:kibi6:20210727224508j:plain

その他、わずかではありますが夢二グッズも置いてありました。

 

f:id:kibi6:20210727224630j:plain

そして何やら立派な書が飾られていますが、これは書道家の武田双雲氏によるもの。敷島堂と武田双雲氏は関係が深いようで、店名の看板や商品の題字も氏によるもの。お店のCMにも出演していたようです。

絆

Amazon

 

f:id:kibi6:20210727224642j:plain

そしてお店の正面、天井近くの高いところには、揮毫された大きな「夢」の文字が。立派なのですが、高いところにありすぎて意外と見落とされがちかもしれません。

 

購入

f:id:kibi6:20210727224653j:plain

シンプルですっきりしたデザインの紙袋。

 

f:id:kibi6:20210727224713j:plain

購入したのはこちら。全てバラ売りのもの。

 

瀬戸内れもんサブレ(118円)

f:id:kibi6:20210727224723j:plain

レモンをイメージした黄色を効かせたパッケージ。

 

f:id:kibi6:20210727224734j:plain

レモン型です。サクッとした程よい固さで、ほのかなレモンの味。少し大き目のサイズ感も良いです。

 

夢せん(バニラ・抹茶)(各140円)

f:id:kibi6:20210727224753j:plain

シンプルデザインのパッケージ。

 

f:id:kibi6:20210727224804j:plain

ギザギザの欧風せんべいが2枚重なった外観。こういう焼き菓子を「ヴァッフェル」と言うようです。

 

f:id:kibi6:20210727224816j:plain

それぞれバニラクリームと抹茶クリームを挟んでいます。サクッとクッキー風のせんべいとなめらかなクリーム。思っていたより軽い食感です。

 

夢二の宵待草(216円)

f:id:kibi6:20210727224835j:plain

和紙のような上品な和の雰囲気をまとったパッケージ。「上皇陛下献上菓」だそうです。

 

f:id:kibi6:20210727224843j:plain

封を開けると、上品な外装から想像していたのとは違う感じのものが出てきました。2枚のせんべいに挟まれた中身の見た目が、見方によってはちょっとアレです。

 

f:id:kibi6:20210727224855j:plain

フワッとした軽い食感のせんべいで、こしあんの入った餅を挟んでいます。少し生姜の風味を感じる「岩おこし」のような味。トータルでは餅入り最中っぽい食感です。食べ物を食べ物で例えまくってしまっていますが。

岩おこし 10枚束

岩おこし 10枚束

  • 戎大黒本舗
Amazon

 

いちご夢二(110円)・夢二(100円)

f:id:kibi6:20210727224922j:plain

竹久夢二のいちごと椿のデザインを用いた大正ロマン風パッケージ。「夢二」という名前は竹久夢二の長男の了解を得て付けられたそうです。

 

f:id:kibi6:20210727224933j:plain

横長でぼってりとした丸みのある饅頭。若干色が違います。少しわかりづらいですが、それぞれ「ゆめじ」「YUMEJI」と焼き印が入っています。

 

f:id:kibi6:20210727224943j:plain

右側の「夢二」はしっとりとした生地で白あんを包んでいます。少しミルクの風味もする上品な味。

 

左側の「いちご夢二」は、白あんといちごジャムのようなコンフィチュールが入っています。このコンフィチュールはいちごらしさがたっぷり感じられ、饅頭が一気にモダンな雰囲気に。

 

kibi6.hatenadiary.jp

この「いちご夢二」は期間限定で、岡山のご当地パン「バナナクリームロール」でおなじみの岡山木村屋とコラボした「いちご夢二パン」が出るほどの人気商品です。 

 

岡山夢菓匠 敷島堂 邑久総本店

住所:瀬戸内市邑久町尾張1153−1

営業時間:8:00~18:00

定休日:なし

駐車場あり

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp