きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

岡山のご当地パン 「バナナクリームロール」の【岡山木村屋】工場売店とサンドイッチハウス

岡山県のご当地パン「バナナクリームロール」「たくあんサラダロール」で有名な岡山木村屋。その岡山木村屋の倉敷工場にある売店とサンドイッチハウスに行ってきました。

 

場所は山陽本線中庄駅から徒歩15分、旧2号線(県道162号岡山倉敷線)沿いにあります。工場の大きな看板が目立っています。

 

岡山木村屋は、東京の老舗パンメーカー「木村屋總本店」から暖簾分けされ、大正8年に岡山で開業したとのことなので、100年近い歴史があるという事になります。

 

 

「シガーフライ」で有名な梶谷食品の工場が隣接していますが、梶谷食品は岡山木村屋の子会社だそう。 

梶谷食品 シガーフライ 174g×12袋

梶谷食品 シガーフライ 174g×12袋

 

  

外観

 

工場入口に店舗があり、その前に駐車場があります。店舗は入り口が2つあり、こちらが「キムラヤのパン」の売店の入り口。

 

 

こちらがサンドイッチハウス入り口。と言っても中でつながっているので、別にどちらから入ってもいいと思います。

 

店舗から見える工場の様子。たくさんのトラックが停まっています。この地方はこのトラックみたいな渋い色合いのバスとか電車とかが多い印象です。

 

店内

売店側。バナナクリームロールなどの袋入りパンやサンドイッチ、ベーカリーパンなどが並んでいます。パンはかなり種類が多いです。さすが工場内の売店。梶谷食品のシガーフライなども置いてありました。

 

すぐ隣の扉の向こうでパンを焼いています。タイミングが良ければ焼きたてのパンを購入できます。

 

店内には次から次とお客さんが入ってきて、パンを購入していきます。さすが岡山のソウルフード売店が24時間やっているのもすごいですね。

 

サンドイッチハウス側。売店との境目にレジがあります。

 

年季を感じる内装です。店内禁煙。

 

メニュー

コーヒー ホット(290円)

 

席に座ると店員さんにメニューを渡され、注文します。コーヒーは期待していなかったのですが、店員さんが空のカップとサイフォンを持ってきて、目の前で注いでくれる本格的なスタイル。熱々で美味しい。

 

ハム&エッグ(340円)

 

ハム&エッグのサンドイッチ。パンは普通の白い食パンかライ麦食パンかを選べます。卵がたっぷり入っています。ポテトチップスが添えられているのも良いですね

 

その他にも数種類のサンドイッチやケーキ、何故か釜飯もあります。モーニングやランチもあって、メインのトーストやサンドイッチにサラダやコーヒーが付いて、値段も安いのでお得感があります。

 

店の入口には順番待ち表があったので、モーニングやランチの時間帯には満席になることがあるのかもしれません。

 

バナナクリームロール(116円)

 

売店で購入したバナナクリームロールも。この袋のデザインをよく見ると、かつてのカルピスのキャラクターを思い出させるようなキャラがいますね。気にしない。

 

 

バナナクリームは砂糖が少しジャリっとするような舌触りで、優しいバナナの味がします。昭和っぽい味というか。パンはしっとりというよりも若干ボサボサしたような食感です。

 

そして何より昨今の小型化するコンビニパンとは違い、サイズが大きいのが良いです。これ一個で結構お腹いっぱいになります。お腹をすかせた中高生の最高のおやつになりそうです。

 

食事終了後は伝票を持って、売店のレジで精算します。

 

 

たくあんサラダロール(130円)

 

ここからは買って帰り、自宅で食べたもの。たくあんサラダロールは名称からしてどうなの?って感じもしますが、一口頬張るとポリッポリッと、普段パンを食べる時には絶対しない食感と音がして、不思議な気分。色々な固定観念が邪魔をしますが、それらを取っ払ってしまえば悪くない、ような気がします。まぁピクルスだと思えばそんなに変じゃないですもんね。

 

 

宇治抹茶クリームと白あん(128円)

 

しっかりと抹茶の味がするクリームと食べ応えのある白あん。なかなか良いバランスで満足できるおいしさです。

 

 

チキンカレーパン(140円)

 

骨の部分に銀紙が巻かれたローストチキンをイメージしているのか、半分銀紙が巻かれています。具のチキンカレーは美味しいですが、もっとたっぷり具が入っていて欲しかったかな。

 

 

桜あんぱん(116円)

 

歴史のありそうな渋いパッケージ。本家の味を引き継いでいるのでしょうか。たっぷりのこしあんに中央の塩漬けの桜の花がいいアクセントになっています。

 

その他

キムラヤのパンは、基本的に「キムラヤのパン」の看板があるところでしか購入できません。コンビニやスーパーではまず売っていないので、県外の人がたまたま目にすることって意外と無いのかもしれませんね。

 

それから、「キムラヤのパン」のすべてにカフェが併設されているわけではなく、カフェのメニューも各店舗で微妙に違うようなので注意が必要です。

 

岡山木村屋 倉敷工場売店・キムラヤのパン&サンドイッチハウス

住所:倉敷市中庄2261-2

営業時間:24時間(工場売店

営業時間:6:00~18:00(サンドイッチハウス)

休日:年中無休

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp