きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

蔵の中にハンモックが揺れるカフェ!色とりどりのクリームソーダが飲める【下津井「蔵」珈琲 kula-n(クラン)】

f:id:kibi6:20210519203113j:plain

倉敷市下津井の蔵を改装したカフェ「下津井「蔵」珈琲 kula-n(クラン)」に行って来ました。

 

場所はかつて瀬戸内海の要港として栄えた下津井港のすぐ近くで、港町の古い建物が並ぶ下津井町並み保存地区の中にあります。JR児島駅から車で約11分、高速道路 児島ICからなら車で7分ほどの場所。

 

 

外観

f:id:kibi6:20210519203125j:plain

児島方面から「むかし下津井回船問屋」の前を通り過ぎてすぐのところにある、歴史を感じる建物。しかしここは干物やワカメなどの土産品を販売するお店「吉又商店」で、目当てのカフェはこの奥にあります。

 

f:id:kibi6:20210519203136j:plain

建物のガレージ部分にある吉又商店に入ってそのまま奥の裏口に向かい…

 

f:id:kibi6:20210519203200j:plain

外に出てすぐ左にあるのが、カフェの入り口。なかなかの初見殺しです。最初、お店の場所がどこか分らずに、吉又商店の左右にある建物周辺をウロウロしてしまいました。

 

f:id:kibi6:20210519203215j:plain

お店入り口から吉又商店方面を見たところ。ガレージの向こうが大通りです。

 

駐車場は、お店のインスタグラムによると、吉又商店前にある駐車場の赤いコーンで囲まれた場所に停めていいようです。「むかし下津井回船問屋バス専用P」と書かれている部分の東側で、10台ほど停められます。

 

店内

f:id:kibi6:20210519203225j:plain

店内入るとすぐに注文カウンターで、右側にテーブル席が並んでいます。蔵だけに天井が高く、一部に2階部分が設けられています。

 

f:id:kibi6:20210519203321j:plain

そしてあちこちにぶら下がっているのはハンモック。

 

f:id:kibi6:20210519203332j:plain

テーブル数はそんなに多くなく、ゆったりとした感覚で配置されています。

 

f:id:kibi6:20210519203342j:plain

お店の方がファンなのか、back numberのミュージックビデオが流れ、グッズなどが飾られた一角もありました。ただ店内メインで流れている音楽は別で、back numberの曲は薄っすらとこの近くだけで聞こえるような音量で流れています。

アンコール(通常盤)

アンコール(通常盤)

  • アーティスト:back number
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: CD
 

 

f:id:kibi6:20210519203434j:plain

靴を脱いで階段を上った2階にも席が設けられています。

 

f:id:kibi6:20210519203444j:plain

こちらにもいくつかハンモックが吊られていました。

 

f:id:kibi6:20210519203514j:plain

屈まないと頭をぶつけてしまいそうな天井の高さですが、座れば問題なし。意外と落ち着きます。店内禁煙。

 

メニュー

f:id:kibi6:20210519203526j:plain

お店に入り、テイクアウトではなく店内利用の旨を伝えると渡される注意事項。

 

f:id:kibi6:20210519203537j:plain

何か気難しいことでも書いてあるのかと少しドキドキしてしまいますが、内容は至って普通。逆にこのハンモックに乗ってもいいの?とか写真撮ってもいいの?とお客さんがキョロキョロしないで済むように、前もって教えてくれる感じでとても親切です。

 

f:id:kibi6:20210519203609j:plain

コーヒーはドリップ、フレンチプレス、イタリアンエスプレッソから淹れ方が選べます。さらにドリップは、カリタ式、ハリオ式、ステンレスから選べるというこだわり具合。

  

マカロンやチョコなどのデザートセットもあります。

 

f:id:kibi6:20210519203620j:plain

柑橘系や紅茶系など7種類のクリームソーダやバナナジュースなど、海に近いだけにトロピカルな感じのドリンクも豊富です。

 

f:id:kibi6:20210519203631j:plain

そして、おにぎりやトーストといった食事系のモーニングサービス。朝だけではなく、いつでも注文できます。

 

最初にレジで注文・精算してから席に着き、呼ばれたら取りに行くセルフ方式です。

 

レジ前のショーケースには焼き菓子やドリンクなどが並んでいて、テイクアウトも可能。このボトルドリンクが人気みたいですね。

 

お店に入った時は、レジ付近でテイクアウト待ちのお客さんが数名いて、お店の方も一人で作業をされているので、いつ注文などをしていいか分からない感じになっていましたが、しばらく様子を窺っていたら声をかけてくれて、無事注文できました。

 

f:id:kibi6:20210519203736j:plain

玄米おにぎり&味噌汁セット(飲み物+200円)

 

玄米おにぎりに味噌汁とミニサラダ、ポーチドエッグがついたモーニングセット。ドリンクにプラスして注文できます。

 

ちょうどよい量で、野菜やたんぱく質もとれるバランスも良さげなメニュー。香ばしい玄米おにぎりがおいしいです。

 

f:id:kibi6:20210519203749j:plain

コップに入った味噌汁は、スプーンの上に味噌が載っていて、好みの濃さに溶かせる方式です。具材のワカメは乾燥ワカメとは違い、ちゃん食べ応えのあるしっかりしたもの。表の吉又商店で販売しているものかもしれません。

 

f:id:kibi6:20210519203802j:plain

たこ飯おにぎり&味噌汁セット(ドリンク+350円)

 

下津井名物のタコの旨味がしっかり詰め込まれた、たこ飯おにぎりのセット。

 

f:id:kibi6:20210519203905j:plain

そしてこちらのポーチドエッグは、黄色いくちばしに目が2つのアヒルを模した形になっています。黄身部分がいい感じになった時だけこんな風にしてくれるそうで、ラッキーです。

 

f:id:kibi6:20210519203916j:plain

クリームソーダ 黒(コーラ味)、黄(ジンジャエール系) (各650円)

 

こちらはクマのビスケットが載った可愛らしいクリームソーダ。アイスに赤いサクランボも入っていて、なんだか懐かしい気分になります。

 

セルフなので2階に食事を運ぶのは厳しそうですが、食後にドリンクだけ持って2階の席に移り、しばしまったり過ごすのも良さそうです。余裕があればハンモックで本格的にのんびり過ごしてみたい、そんなカフェでした。

 

下津井蔵珈琲 kula-n(クラン)

住所:倉敷市下津井1-9-12

営業時間:11:00~18:00

定休日:不定休

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

クリームソーダ 純喫茶めぐり

クリームソーダ 純喫茶めぐり

  • 作者:難波 里奈
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

kibi6.hatenadiary.jp