きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

紅茶を飲みながら優雅な時間!【The SURF & TURF】の「倉敷アフタヌーンティー」@倉敷せとうち児島ホテル

倉敷市で夏と冬の年2回開催されているイベント「倉敷アフタヌーンティー」に行ってきました。

 

倉敷アフタヌーンティー

倉敷・岡山の旬の特産フルーツを必ず使い、2段以上に重ねて盛り付けた、心もお腹も満たされる豪華な食事やスイーツを提供するイベントです。夏と冬の年2回開催しており、夏は「桃orぶどう」、冬は「いちご」と「温かいメニュー」を必ず盛り込んでいることが特徴です。
また、倉敷でゆっくり過ごしていただきたいという思いから、どのお店でもドリンクは「2杯付きorおかわり自由orポットで提供」となっています。

About 倉敷アフタヌーンティー|倉敷アフタヌーンティー

 

今年の春のイベントは1月15日から3月15日までの開催です。

 

 

倉敷せとうち児島ホテル THEザ SURF&TURF

各イベント参加店が趣向を凝らし特色を出していてどのお店も魅力的だったのですが、今回訪れることにしたのは児島エリアの倉敷せとうち児島ホテル「THEザ SURF&TURF」。

 

kibi6.hatenadiary.jp

以前宿泊して、料理が美味しかったので選びました。1日限定10食、要予約ということで、事前に予約して14:00に訪問しました。

 

店内は全面が窓になっていて明るく、瀬戸内海や瀬戸大橋が見渡せる抜群のロケーションです。ただし残念ながらこの日は雨。

 

まずはドリンク。いつもはコーヒーを選ぶのですが、せっかくなので紅茶を。南部鉄器でたっぷりと注いでくれます。

 

Happy 〜晴れの日の紅茶〜 (岡山県産茶葉使用) 10P入り

Happy 〜晴れの日の紅茶〜 (岡山県産茶葉使用) 10P入り

 

 紅茶は岡山産の岡山紅茶だそうです。良い香り。飲み物はその他にコーヒー、ハーブティーもあって、おかわり自由です。ドリンクはイベント参加店舗によって2杯までだったりポットで提供だったりと、いろいろと条件が違うので注意が必要です。

 

そしてまずは腹ごしらえということで、ハンバーガー。備前牛のパテに目の前で焼きたてラクレットチーズを乗せてくれます。

 

いきなり気分が盛り上がる演出ですが、盛り上がりすぎて醍醐味のチーズを乗せるシーンの写真を取り逃してしまいました。

 

たっぷりのチーズがバンズから溢れ出てきます。この半分が一人分、一個で二人分です。

 

なんといっても存在感があるのが備前牛のパテ。クミンかナツメグのような香辛料が効いています。それにたっぷりのチーズとフレッシュな野菜で何とも贅沢な気分になります。

 

かなりボリューミーで、あれ、もうお腹いっぱい?と一瞬不安を覚えますが、ここで弱気にならずしっかり気を張って自分を信じることが重要です。

 

そしてこれぞアフターヌーンティーという三段のスタンド。二人分です。

 

上段はサラダ。

 

牡蠣も入っています。濃厚な牡蠣の旨味が口の中に広がります。

 

2段目はイチゴやオレンジのフルーツと、小さなチーズケーキが並んでいます。

 

これら串に刺し苺スープに付けていただきます。フルーツの酸味が甘いデザートの合間の口直しになって、満腹を感じ始めた胃の消化を助けてくれるような気がして、パクパクとイケてしまいます。フルーツ自体もフレッシュで美味しい。

 

チーズケーキは濃厚で紅茶によく合います。美味しいのですが小ぶりながらずっしりとした質量で、完食を目指すなら強敵ではあります。

 

3段目は紅茶のお供といえばこれ、みたいなところがあるスコーン。プレーンとチョコチップ入りの2種類です。ハチミツと柑橘系のジャムを付けていただきます。スコーン特有のパサパサした食感が紅茶とよく合います。ハチミツも美味しいです。

 

三段目のもう片方には、ケーキなど。

 

クッキー、抹茶の焼き菓子、柿のゼリー、マシュマローの入った小鉢。マシュマロを久しぶりに食べました。ゼリーがなかなか良かったです。

 

イチゴのショートケーキ。スポンジケーキではなく、シフォンケーキを使っていて意外性のある味です。

 

何杯か紅茶をお変わりしましたが、最後はコーヒー。写真を撮り忘れましたが、 ホテルオリジナルでハワイのコナコーヒーがブレンドされており、少し南国な雰囲気が漂うコーヒーでした。

ハワイコーヒーカンパニー バニラマカダミアナッツ

ハワイコーヒーカンパニー バニラマカダミアナッツ

 

 

まとめ

最初のインパクト大のハンバーガーから始まり、どれも美味しいアフターヌーンティースタンドの豪華な盛り付け。かなりの満足感です。ボリュームもかなりあるのですが、食べきれないかもー、とか言いながら、美味しいのでなんだかんだで結局完食してしまうありがちなパターンのやつです。今回は2時間位かけてダラダラと喋ったりしながら食べきりました。

 

今回残念だったのはこれ。

場所がレストラン内ではなく、ロビー。席をここに案内された時は、え?と思ってしまいました。ホテルを出入りする人からは丸見えで、写真左はレストランのレジなので、すぐ近くで他のお客さんが会計をしているしで、落ち着かない。さらに眺望もレストランよりは良くありません。

 

テーブルも低いし狭いしで窮屈で食べづらかったです。一応はタイミングを見てお茶のおかわりを持ってきてくれたりして気を使ってはもらえていたのですが、こちらのタイミングで何かをお願いしたい時は、わざわざレストランの方まで行って声をかけなければなりませんでした。

 

スタッフの方によると、予約の順番などの兼ね合いでこの席になったとのこと。14:00という遅い時間帯の開始だったのも原因だったのかもしれません。アフタヌーンティーだと必然的に長居することになるので、早い時間帯のお客さんがいつ帰るかわからないですしね。同じ目にあいたくない人は予約時にどの席になるか確認したほうが良いと思います。

 

 

アフタヌーンティーを注文した人は、アンケートに答えると抽選でオリジナルのマスキングテープがもらえるらしいのですが、そういえばアンケート用紙ももらわなかったなぁとか、その他の事とか、後から色々と気になった点が思い浮かんできてしまいました。でもスタッフの方の対応は感じの良い丁寧なものだったので、前回の利用で、勝手にこちらがハードルを上げてしまっていただけなんだろうなと思います。

 

色々と思っていたのとは違うところはありましたが、アフタヌーンティーの体験自体は楽しかったです。居酒屋で皆とワイワイやりながら2時間過ごすのもいいですが、たまには昼間にお茶を飲みながら穏やかにダラダラと過ごすのもなかなか良いものです。そして、なんだかしばらく紅茶にかぶれてしまいそうです。

 

倉敷せとうち児島ホテル THE SURF&TURF(ザ サーフ&ターフ)

倉敷アフタヌーンティー(冬苺のフレッシュ苺スープフォンデュ)

料金:3,132円

時間:12:00~15:00 

※限定10食 要予約 飲み物おかわり自由

※期間限定 夏・冬開催

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

Hanako(ハナコ) 2019年 4月号 [やっぱり私は、お茶が好き。] [雑誌]

Hanako(ハナコ) 2019年 4月号 [やっぱり私は、お茶が好き。] [雑誌]

 

kibi6.hatenadiary.jp