きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

【Viaggio+】の軽量コンパクトなアウトドアチェアを購入

f:id:kibi6:20200613002204j:plain

軽量でコンパクトに収納でき、持ち運びに便利な「Viaggio+(ビアッジオプラス)」のアウトドアチェアを購入しました。

 

購入の経緯

キャンプ場や公園で使っている人をよく見かけるアウトドアチェア。なかでもいわゆるHelinox(ヘリノックス)のチェアワン風の椅子はリラックスできそうだし、コンパクトにもなるしでいいなと購入を検討しました。

Helinox(ヘリノックス)チェアワン(マルチカモ)/ 1822222-MTCAM

Helinox(ヘリノックス)チェアワン(マルチカモ)/ 1822222-MTCAM

 

 

購入商品の選択条件の設定

それならそのままヘリノックスのチェアワンを買えばいいのですが、ブランド力が高いのでお値段も高め。ネットで検索すると同じようなタイプで安価なアウトドアチェアが山のように出てきます。口コミを見てみると品質に難があるものも中にはあるようですが、概ね問題なく使えて価格の差ほど使い心地に差は感じられない模様。

 

実際に近所の店を何店か訪れて、色んなブランドの同タイプのチェアに手当たり次第に座ってみましたが確かにはっきりとした違いは感じられませんでした。

*ちなみにローカルな情報ですが、岡山市ではPOWER’S 岡山店がヘリノックスを中心にたくさん試座できました。

|POWER’S 岡山店|スポーツ用品専門店RIZAPスポーツグループオフィシャルWEBサイト

 

というわけで、安価な同タイプのチェアから選んで購入することに。

 

 

さらにチェアを色々見ていると様々なカラーや、布地の一部がメッシュになっているタイプのもの等があることが分かります。ここは好みの問題ですが、以下のように決めました。

  • 単色で黒ではない落ち着いたカラーのもの
  • 背面がメッシュ生地でないもの

 

購入候補の絞り込み・決定

アマゾンで検索して価格や口コミを参考に上記をピックアップしました。(*二つめのPONCOTANの椅子の写真は背面にメッシュがありますが、メッシュでないタイプもあり)

 

どれもそれほど大差はないように思えたので、最安値のViaggio+のチェアを購入することに決定、そして注文しました。

 

色はオールワイン、オールネイビー、グレー、オールカーキ、オールモカの五種類の中からオールモカを選択。

 

商品到着・確認

f:id:kibi6:20200613002250j:plain

数日後に商品が到着しました。箱の中身は36 x 13 x H11 cmの収納ポーチのみ。この中にチェア一式が入っています。控えめなロゴがいい感じです。

 

f:id:kibi6:20200613002339j:plain

商品タグ。分かってはいましたが、まずその軽さに驚きます。重さは約1kg

 

組み立て

f:id:kibi6:20200613002406j:plain

収納ポーチから中身を取り出します。シート部分とポール部分。

 

シート地は、注文時にパソコンのディスプレイで見ていた時は灰色っぽい色に見えていたのに、実物が思っていたよりも茶色だったので、最初に見たときは発注ミスをしたかと少し焦ってしまいました。でもよく考えるとモカってこういう色です。

 

今回撮った一連の写真でもそうですが、光の当たり具合や角度によっては灰色に見えたりします。個人的には落ち着いた色なので全く問題がありませんが、どうしてもグレーがいい人は気を付けてください。

 

f:id:kibi6:20200613002430j:plain

まずはポールを組み立てていきます。まとめているゴムを外すとポール内のワイヤーゴムが縮んで勝手にある程度の組み上がった形になってくれるので、あとはしっかりと各箇所のポールをジョイントしていくだけです。説明書を見て悩む必要もなく簡単です。

 

f:id:kibi6:20200613002454j:plain

数分も経たずにポールの組み立てが完了。

 

f:id:kibi6:20200613002517j:plain

そして、収納ポーチの両サイドについた取っ手をポールに通します。これはやってもやらなくてもどっちでもいいですが、こうしておくことでポーチの紛失を防ぎ、またちょっとした小物入れにすることが出来ます。

 

今回はポールの長いほうにポーチを通していますが、ネットの商品説明の写真では短い方に通していました。どちらでもいいような気がします。

 

f:id:kibi6:20200613002542j:plain

そして、シート地のロゴを頼りに向きを確認して、四隅にポールをしっかりと差し込んでいきます。思っていたよりもシート地の差込口が浅いですが、しっかりしていて問題はなさそうです。

 

まずシート地の下部2か所にポールを差し込み、その次に上部の2か所に差し込むときは多少ポールをたわませる必要がありますが、それほど力を使わずにできました。

 

f:id:kibi6:20200613002612j:plain

組み立て完了。

 

f:id:kibi6:20200613002633j:plain

正面から見たところ。

 

商品詳細

f:id:kibi6:20200613002716j:plain

商品タグの注意事項。取り立てて気になる点はありません。普通に使っていれば問題ないかと。耐荷重は100㎏です。

 

中国製で大阪のユープラス(You+)株式会社による販売。この会社は焚き火台やテントポール、テーブルなどのアウトドア・キャンプ用品を「Viaggio+」というブランド名で販売しているようです。

 

f:id:kibi6:20200613002741j:plain

こちらはポールの足部分のキャップの形状。

 

f:id:kibi6:20200613002815j:plain

そして意外と盲点なのがこのポールをまとめていたゴムです。

 

ウキウキでチェアを組み立てたり、写真を撮ったりして小一時間過ぎた後、ふと足元を見ると落ちているゴム。このチェアのポールをまとめるためのものだという事はすっかり忘れて、なんでこんなトコにヘアゴムが落ちてんの?誰のなの?となぜか妙に焦ったりしがちです。

 

これがチェア用のゴムだと気づくのは収納するときなので、それまでに捨ててしまったりしないように、組み立てるときはポールからゴムを外したら、まずは収納ポーチの中に入れる、という作業を冷静にできるように心がけたいところです。たとえ失くしたとしても、それこそヘアゴムとかで代用できると思いますが。

 

座り心地

f:id:kibi6:20200613002846j:plain

座ってみた時の第一印象は結構浅いな、というもの。思っていたよりも浅く腰掛ける印象です。ただしっかりとひざ裏から背中までホールドされて、何度ももぞもぞと座り直す必要がなく、かなり座り心地はいいです。さらにひざ裏がきつく当たって痛くなることもなく、長時間座っていられそうです。

 

安定感もかなりあって多少強めに横に揺らしても椅子の足が浮くこともありません。まだ室内での使用のみなので、アウトドアで使用して実際に検証してみる必要はありますが。

 

後ろに傾いた姿勢になるので、食事などでの使用よりは、のんびりとリラックスするための使用に向いてそうです。

 

まとめ

f:id:kibi6:20200613002918j:plain

まだ室内での使用のみですが、現在のところ、なかなか気に入っています。今は本を読んだり、スマホをいじったりするときに使用。一旦座るともう動きたくなくなる感じで落ち着いてしまいます。

 

落ち着いた色味のチェアなので、アウトドアでの使用だけでなく、室内での使用にも良さそうです。また、一人用のソファが欲しいけどいいのが見つからないな、という人が、理想のソファが見つかるまでのつなぎとして使うのもいいかもしれません。

 

軽いので手軽に移動できるし、邪魔になればコンパクトにしまっておけるし、来客用に使ったり、車の中にそのまま入れておいてもいいしと、一家に何個かあってもいいのかもしれません。色々と重宝しそうです。

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp