きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

カキオコの町!備前市の【日生】を散策 その2

備前市日生(ひなせ)のカキオコ店が集まる日生商店街を散策した前記事の続きです。

kibi6.hatenadiary.jp

 

日生港 日生諸島定期船 桟橋

商店街入り口のY字路の南側は海。日生諸島(鴻島・大多府島・頭島)への定期船の港となっています。船は意外と新しい感じでスタイリッシュ。ただし船の名前は「NORINAHALLE(のりなはーれ)」です。

 

ここから国道を東、日生駅方面へ歩いて行きます。すぐになだらかな坂道となり、道も狭く歩道もないので、ビュンビュン走る車が若干怖い。

 

 

安良田(あらた)お好み焼き店

そんな道の途中にあるカキオコ店。車だと気づかずに通り過ぎてしまいそうです。実は日生でもっとも古いお好み焼き屋だそうです。

 

手作り感のある暖簾が可愛らしいです。

 

店内の様子はうかがい知れませんが、お店の自己申告ではこんな感じ。

 

駐車場は未確認ですが、この手前にある信号を曲がってすぐの所にあるようです。市営定期駐車場があるので、その中に確保されているのだと思いますが詳細は不明。

 

さらに歩くと歩道が現れて、歩きやすくなりました。歩道の上の時計はよく見ると魚の形をしていて、釣り上げられているデザイン。

 

遠くに見える山は紅葉でモコモコです。

 

足元には日生の名物や特産品が描かれたタイルがあちこちに。これは鹿のイラストです。

 

市役所 日生総合支所

市役所の支所。なかなか大胆な武骨なデザインの建物です。

 

ここに車を停めてカキオコを食べに行っている人もいるみたいですが、正式に観光目的で停めていいのかは不明です。

 

その前には観光案内板。

 

酒井商店

なかなか渋い店構え。居酒屋かと思ったら酒屋さんでした。

 

海が見えたところで、国道を離れ海沿いを歩きます。

 

料理旅館 鹿久居荘 日生店

旅館ですが1階は大きな水槽で魚が泳ぐいけす料理屋になっていて、新鮮な魚介が食べられます。カキオコもあります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

日生味楽宴 秀吉(ひできち)

小洒落たカフェっぽい外観ですが、刺身や天ぷらなど和食メインのお店。オーシャンビューです。

 

カキオコは分かりませんが、牡蠣づくしのコースはあるようです。店の前に駐車場あり。

 

目の前は日生駅前にある港、中日生港(日生駅前港)で、停泊しているのは小豆島へ向かうフェリー。背景は紅葉する山で、何となく外国っぽい風景に見えなくもないような気がしないでもないです。

 

備前♡日生大橋

見えてきたのは本土と鹿久居島(かくいじま)を結ぶ備前♡日生大橋。その先には鹿久居島と頭島(かしらじま)を結ぶ頭島橋があり、船に乗らずに島へ渡ることが出来ます。

 

ちなみに頭島大橋は鹿が良く利用しているようで、濡れずに島を渡れると喜んでいるのかもしれません。まさにただ乗り、税金泥棒です。

 

 cafe RAD(カフェ ラッド)

オープンな屋外テラスもある洒落たカフェ。カキグラタンなどの牡蠣料理もあります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

さらに先は何もなくなりそうですが、この先には旅館やカフェ、食事処に民家などもあって意外と町っぽい雰囲気。

 

五味の市

海沿いをぐるっと回ってたどり着くのが五味の市。

 

牡蠣や…

 

魚などの販売をしています。見るだけでも面白いです。

 

その場で食べられるフライなども販売。

 

これはソフトクリームにカキフライを突き刺し、刺身醤油をかけた「カキフライソフトクリーム」。場がザワつくやつです。

 

ちなみに購入したりしたものを食べる場合は、この写真に見えている2階部分の休憩所がおすすめです。テラス席もあったりするのですが意外と人が少ない。

 

建物の外でも色々と販売ブースが出ています。これは杵つき餅の実演販売。県北の「おろスカイファーム」というところがやっているみたいです。

 

その場であんこを包んでいます。

 

色んな種類の餅を販売。

 

よもぎ 1パック(350円)

 

というわけでよもぎを購入。出来たてだからか、思ってた以上の餅の柔らかさに驚きました。

 

その他、カキオコなどの屋台も出ています。

 

ここは広い駐車場がありますが、朝10時の段階でほぼ満車。ただ出ていく車も多いので、停められないことはないかと。

 

片隅では、サンタ姿にヒョウ柄ジャケットのお姉さん達が踊るミニコンサート。昔のサーフロックやオールディーズを演奏していて、良い意味でユルくていい感じでした。その向こうに見えるのはコンビニもある「海の駅しおじ」です。

 

海の駅しおじ

五味の市と同じ漁協が運営する施設。アナゴの実演販売などもしていました。ちなみにここのコンビニ「ポプラ」はお土産品なども販売していますが、24時間営業ではないので注意。

 

そしてその裏がバーベキュー会場。五味の市で買った牡蠣などの魚介をここで楽しむことが出来ます。

 

炭を入れたU字溝に網を渡してその上で焼きます。まだ満席ではなかったですが、午前中からかなり賑わっていて楽しそうでした。

 

ごはん家 ぼろ小屋

海の駅しおじのすぐ隣にあるごはん処。牡蠣料理はありますが、カキオコはないようです。

 

このまま先に進めば今回のスタート地点、定期船 桟橋に戻ります。

 

その他

お好み焼き もりした

今回国道を海側に曲がった所で、反対の山側に行ったあたりにあるカキオコ屋。隣の本屋が渋いのですが営業しているのでしょうか?この本屋の前に車を停めることが出来ます。あまり広くないので車がはみ出してしまっていますが、これ、日生の駐車場あるあるです。

 

この周辺にも何店かカキオコ店があります。

 

ご当地マンホールの蓋。ゴテゴテといろいろ詰め込み過ぎてしまって何が何だか分からないデザイン。微笑ましい。

 

哲也渡船

日生駅西の国道沿いにある釣り客などに船を出す店。なかなかインパクトのある店名です。

ゴールデン☆ベスト 渡哲也[スペシャル・プライス]

ゴールデン☆ベスト 渡哲也[スペシャル・プライス]

  • アーティスト:渡哲也
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: CD
 

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp