きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

岡山でモンゴル料理を堪能!【モンゴル料理 居酒屋 青空アイル】@表町

岡山市北区表町にあるモンゴル料理のお店「モンゴル料理 居酒屋 青空アイル」に行ってきました。

 

場所は表町商店街からあくら通りを西に少し行った所。岡山駅から徒歩18分ほどの場所です。

 

 

変わった店名ですが、東京・渋谷にある内モンゴル料理店「青空」から暖簾分けしたお店だそうで、それにモンゴル語で家族という意味の言葉「アイル」を付けたとのことです。

幡ヶ谷で羊肉料理専門店ならモンゴル家庭料理【青空】公式HP|

 

外観

訪れたのは日曜日で周辺は営業していないお店が多い中、このお店だけが明るく照明が灯っています。駐車場なし。

 

入り口横の壁には、たくさんの料理の写真やモンゴルっぽい写真等で手作り感あふれる掲示。親しみを感じる看板の雰囲気といい、エキゾチックな料理好きには、無視できない気になる店構えとなっています。

 

店内

店内入って奥の左側には掘りごたつの座敷席が2つ。ここにはモンゴルの衣装が飾られていて、着ることも出来るみたいです。

 

そして、入り口右側はカウンター席があって、その奥にテーブル席が2つ。席数は多くないので、大勢で訪れる予定の場合は事前に確認したほうが良さそうです。喫煙可。

 

カウンターの一角にはモンゴルの雑貨などがディスプレイされていて、一部は販売もしています。手前の楽器は馬頭琴。時折、馬頭琴やホーミーといったモンゴル音楽の演奏会が行われているそう。

 

カウンターの後ろにもモンゴル関連のディスプレイ。「スーホの白い馬」って、懐かしいですね。

スーホの白い馬 (日本傑作絵本シリーズ)

スーホの白い馬 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

メニュー

サラダや前菜のメニュー。

 

炒め物や煮込みのメニュー。モンゴル料理といえば羊肉のイメージがありますが、そのイメージ通り、ほぼ全部が羊肉を使った料理です。

 

カレーや揚げ物、餃子などのメニュー。茹で羊肉の「チャンスマハー」は、モンゴルを代表する料理だそうです。

 

デザートなどのメニューとコース料理のメニュー。モンゴル火鍋もあります。

 

またお昼は定食メニューなどのランチがある模様です。

 

ドリンクメニュー。モンゴルのお酒(ウォッカ、ワイン、ミルク酒)もあります。

 

モンゴルのスーパーフード「シーベリー」を使ったドリンクもあります。

 

ビームハイボール(400円)、アルヒウォッカトニック(600円)

 

まずはドリンク。ハイボールとモンゴルのウォッカを使ったトニック。モンゴルではウォッカが飲まれているんですね。よく考えたらすぐ隣はロシアなので別に意外でもないかもしれません。口当たりがなめらかで飲みやすいです。

 

パクチーサラダ(650円)

 

人参などの生野菜にラム肉とパクチーが入ったサラダ。パクチーは、上にパラパラとのっただけのありがちなサラダかと思っていたら、全体的にパクチーでした。

 

少しピリ辛で、新鮮な野菜に少しクセのあるパクチー、ラム肉と、それぞれの良さが相乗効果となっているような美味しさです。一押し。

 

ピータン豆腐(600円)

 

やさしい舌触りの豆腐に塩気のあるピータンがのっています。これも少しだけ辛いですが、なんとなくホッとする心落ち着く料理です。

 

串焼き ラム・タン・鹿(1本200円)

 

三種類の串焼き。それぞれ違いはありましたが、それを言葉にするのは難しい。鹿肉が一番、牛肉っぽかった気がします。

 

ラム肉クミン炒め(800円)

 

テーブルに運ばれた瞬間にクミンの香りが広がって、一気に異国情緒を感じてしまうラム肉クミン炒め。

 

まとめ

様々なラム肉料理を楽しめるこのお店。全然臭みもなくて、羊肉も美味しいなと再発見です。接客も店主の方が、全テーブルに目を配らせていて、気の利く応対をしてくれました。内モンゴル出身の奥さんとその妹夫妻で運営されているみたいです。

 

馴染みのない異国の料理を食べる体験は、新鮮な驚きがあって楽しいです。モンゴルには行ったことがありませんが、異国情緒のある匂いや雰囲気の中で過ごしていると、海外を旅行した時の記憶が蘇りました。

 

今回は食べられなかったその他の料理も食べてみたいし、モンゴル火鍋も気になります。また訪れたいお店です。

 

モンゴル料理 居酒屋 青空アイル

住所:岡山市北区表町2-7-2

営業時間:11:30~14:30(平日)

営業時間:17:30~22:30

定休日:木曜

駐車場なし/喫煙可

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp