きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

タイのバンコクで見つけた【お土産】たち

タイのバンコクで見つけたお土産品を紹介したいと思います。

 

一部については、前回のTシャツの記事の中で一緒に紹介しています。 

kibi6.hatenadiary.jp

 

ワット・アルン(暁の寺)

チャオプラヤ川の川辺に佇む白い寺院、ワット・アルン。バンコクの人気観光地です。

 

この寺院へはボートに乗ってアクセスするのが一般的ですが、その船着き場の周辺にお土産屋の露店が並んでいます。

 

置物

購入したのは2体の置物。一つは仏の顔ですが、もう一つはおそらくタイの神様の一人。個人的に、海外に行くとこういう少しチープな感じの置物が欲しくなってしまいます。

 

 

スーパー 

日本では見かけない商品が並んでいたりして、地元の人達の食生活が垣間見られて、訪れると面白いのがスーパー。価格も観光地価格ではないのでリーズナブルで、バラマキ用のお土産を買うにも向いています。

 

訪れたのは、「マックスバリュ タンジャイ」。日本のイオンのお店ですが、タイでも70店舗以上出店していて、日本では見られない食材や惣菜などが並んでいました。

 

 

タイビール

タイは暑いのでビールが美味しい。現地ではホテルの冷蔵庫に6パックの缶ビールを常備していました。基本的には薄い味のビールが多くて、水代わりにゴクゴクと大量に飲めてしまいます。ま、水代わりにはならないのですが。

 

写真の左3つがタイのビールで、どれも缶のデザインが可愛らしい。個人的にはやっぱりメジャーなシンハービールが好みですが、リオビールも悪くない。チャーンビールは匂いが気になりました。チャーンビールはネットで散々の評価があったりして少し笑ってしまいます。一番右のビールはフィリピンのビールだそうです。

 

現地で飲みまくった思い出の余韻に浸るために購入しました。アルコールは購入できない時間帯があるので注意が必要です。

 

カップ

現地で食べることはなかったですが、気になったので購入したカップラーメン。 意外とかさばり、スーツケースの中に押し込むと潰れやすく、少し持ち帰るのは厄介です。

 

ただ、お湯を注いだだけでタイの匂いが漂い始めて、現地の思い出が蘇ってきてなかなか悪くないです。今の所、グリーンカレーヌードルと春雨ヌードルを食べましたが、もれなく度を越して辛いです。

 

花茶

何となく購入してみた菊のお茶。

 

粉末状になっています。お湯を注いで飲んでみましたが、一口飲むごとに「んー、独特。」とつぶやきたくなる、いつまでたっても慣れない味です。砂糖が入っていて甘い。もしかしたら真夏の暑い時によく冷えたものを飲むと美味しく感じるのかもしれません。

 

日本ではクセが強く感じるタイ料理も、暑い現地で食べると涼やかで美味しく感じたので、料理は気候の影響も受けているんだな、と妙に感心してしまいました。なので、現地の気候に似ている時期に味わってみるのも大事なことなのかもしれません。

菊花茶(黄山貢菊) 無硫 花茶 40g

菊花茶(黄山貢菊) 無硫 花茶 40g

 

 

スワンナプーム国際空港

帰国前の最後の買い物をすることなる空港。買い忘れはなくしたいですが、手持ちのバーツを使い切ろうと散財しがちなので気をつけたい所。

 

タイ茶

買う気はなかったのに、ネットを見ていたら欲しくなってしまったタイ茶(130バーツ)。バニラフレーバーで砂糖入りのティーバッグ方式の紅茶。フレーバーの匂いもそんなに強くなく、甘さもほとんど無く、普通に紅茶として美味しい。気に入りました。缶のデザインもいいです。

The Original Thai Tea Extra Gold - Number One Brand 5 Oz (125g) - 50 Tea Bag
 

 

ドライタマリンド

タマリンドジャムをはさんだバナナチップが好きなのですが、「タマリンド」自体がどんなものなのか知らなかったので、買ってみたタマリンドのドライフード(280バーツ)。

 

SNSにあげたらブロックどころか、アカウントを凍結されるんじゃないかと心配してしまうインパクトのあるイケていないビジュアル。砂糖をまぶしてありますが酸味が強く、柿の渋みのようなエグみがあります。どことなく立ち位置は梅干しと似ているかもしれません。

 

タマリンドジャムをはさんだバナナチップは何個でもバクバクとイケてしまいますが、これは一個食べたら二個目には手が伸びません。ただ前述のタイ茶との相性は悪くありません。少しずつかじりながらお茶をいただく、という感じ。

 

しかし、食事のときには想像しちゃいけないものを想像させるようなビジュアルで 、袋から取り出す度に笑ってしまいます。

 

キングパワー

空港内で購入したのは免税店のキングパワー。オーナーが岡崎慎司選手が所属するサッカー英プレミアリーグレスター・シティFCを所有していることでも有名です。

 

このお店は、購入すると商品を入れてくれる袋がタイっぽさがあって良いです。これは取っ手の部分を持つと、かごバッグを持っているように見えるデザイン。

 

こちらはタイの操り人形を持っているように見えるデザイン。面白いのでこの袋にお土産を入れて手渡すと喜ばれるかもしれませんね。

 

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

タイティー チャーポン チャトラムエ 400g 袋

タイティー チャーポン チャトラムエ 400g 袋

 

kibi6.hatenadiary.jp