きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

昼間からべろべろに【岡山県産こだわりのおばんざい せんべろ】@表町

表町にある「 岡山県産こだわりのおばんざい せんべろ」に行ってきました。店名はいわゆる「千円でべろべろに酔える」ってやつですね。

せんべろ探偵が行く (集英社文庫)

 

場所は表町商店街から西に曲がって少し行った所、クレド岡山のだいたい北側にあります。

 

 

外観

たくさんの店舗が入ったビルの一角にあります。間口は狭めです。ちなみにここの2階は猫カフェキャットカフェ プフ」です。

 

店内

店内の地図、システム表。細長い店舗で真ん中に厨房があって、厨房周りにカウンター席、入口付近と奥にテーブル席があります。基本的には禁煙だそうです。

 

このシステムの説明もよく読んでおいたほうがいいです。

 

炊飯器やレンジ、オーブントースターが設置してあります。

 

レンジの隣には、パックに入ったお惣菜が並ぶ冷蔵庫。

 

冷蔵庫の奥には狭い通路とカウンター席。奥のテーブル席へとつながっています。最初はここに気づかず、入口付近だけの狭いお店かと勘違いしてしまっていました。

 

メニュー

こちらに載っているメニューはカウンターレジで注文して、出来上がったら取りに行くシステムです。「せんべろ」だけに全体的に安いです。

 

ドリンクメニュー。それぞれおとなサイズ、こどもサイズがあります。こちらも注文後に取りに行きます。

 

これらは都度支払いではなく、最後にまとめてカウンターレジで支払いをします。

 

これは卓上にあったサイコロハイボール用のセット。システムが良くわからないのですが、ハイボールを飲むならやったほうがいいということなんですかね。

 

食材の説明が貼られたボードの下に掲示された1000円のコースやセット。60分とはいえ飲み放題がついているので、本当にベロベロに酔えそうです。

 

ちなみに卓上には付箋が設置されています。たくさん注文する場合はこれに書いて、店員さんに手渡ししたほうが間違いなさそうです。

 

生ビール ザ・モルツ(おとなサイズ 650円、こどもサイズ 350円)

 

生ビールのサイズ比較。正直言うとドリンクメニューを見た時に「高っ」と思ったのですが、実物を見るとその感想は間違っていたことに気づきます。こどもサイズが通常のお店で出てくる生中サイズで、おとなサイズはその1.5~2倍ほどの量。おとなサイズの序盤は、ジョッキの重さで腕がプルプルと震えます。

 

串カツ盛合せ(290円)

 

小ぶりだが、作りたてで熱々の串揚げ。

 

チキンとナスのバジル煮込み

 

冷蔵庫の中からピックした煮込み。こちらは店員さんに冷蔵庫から何を取ったか報告する必要があります。その後セルフでレンジで温めましたが、温め過ぎでパックがベコベコになってしまいました。

 

冷蔵庫内には300円程度ぐらいまでの惣菜が並んでいます。ちなみに店内システム表にはカウンターの上におばんざい的に料理が並んでいるとのことでしたが、何もありませんでした。

 

その他

お店に入ってもシステムが分からずオロオロしていたのですが、店員さんたちの無関心ぶりがなかなか新鮮でした。まぁ「安いから」で、すべて許せるのですが。もしかしたら掲げられた八ケ条の二の項を促すためなのかもしれません。もしくは八の項で過去になにかあったのか。色々想像してしまいます。

 

ただ予算千円ほどで気軽に飲めるので、悪くない場所だと思います。昼からやっているので、明るいうちから飲めるというのもポイントが高い。

 

今回は日曜日の夕方早い時間に訪れたので人はまばらでしたが、混雑している時間帯に行けばまた賑やかで雰囲気が違うかもしれないですね。おばんざい的な料理の品揃えも充実しているのかもしれません。

 

岡山県産こだわりのおばんざい せんべろ

住所:岡山市北区表町1-11-1 中之町第一ビル 1F

営業時間:11:00~23:00(火~金、祝日、祝前日)

営業時間:12:00~22:00(土、日)

定休日:月曜日

基本的に禁煙/駐車場なし

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp