きび六

岡山県発、地域情報を発信するブログです。

歓楽街の中のタイ料理屋!ランチもやってる【タイ料理 バンコク】@北区田町

岡山市北区田町にある「タイ料理 バンコク」に行って来ました。

 

場所は路面電車・岡電の停留所「新西大寺町筋」から西に徒歩2分ほどの所。岡山駅からだと徒歩20分ほどかかります。

 

 

外観

歓楽街の中にあるお店。スナックみたいな外観ではあります。

 

店の前にはメニューも出ているので少し安心感があります。ネットでは店名が「バンコック」となっていることが多いですが、看板の表示は「バンコク」。

 

お店の駐車場はありませんが、周辺には時間貸しの駐車場がいくつかあります。

 

店内

左側にカウンター席、正面奥にテーブル席が一つあります。カウンター席では常連さんらしき人たちで話に花が咲いています。何となく歓楽街らしい雰囲気もあります。

 

右側は小あがりの掘りごたつ席が3つ。

 

店内は木彫りの象などタイらしいディスプレイが施されています。おそらく喫煙可。

無精髭の男

無精髭の男

  • アーティスト:村井敏朗
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2015/12/23
  • メディア: CD
 

 

メニュー

タイのアルコールメニュー。今は同一価格ですが昔はチャンビールの方が高かったんですね。タイのブランデーやウィスキーもあります。

 

一般的なアルコールメニューもあります。

 

飲み放題にも出来ます。

 

見づらいですが、ここから食事メニュー。トムヤムクン、グリーンカレー、タイ風焼きそば、カオマンガイなど。

 

タイ産の蟹を使ったパッポンカリーや、ガイヤーン、ソムタムなど。

 

タイ風オムレツやタイラーメンなど。大体どんな料理なのか分かるように写真もあるのがありがたいです。

 

右側は写真で紹介されているものも含めたサラダ、炒め物、揚げ物の一覧メニュー。逆に日本語じゃわからないという人のためにタイ語表記もあります。

 

続けて麺料理、スープ・飯物メニュー。いくつかをコースにしたセットメニューもあります。

 

そしてタイ料理だけでなく、居酒屋定番メニューもあります。お店はタイ人と日本人の方、お二人でやられているようです。

 

冬季限定でボタン鍋とカレー鍋。壁に掲示されたメニューには要予約でスッポン鍋もありました。

 

そしてランチもやっています。

 

パッタイやパッカパオなどに食後のコーヒー付き。ランチも良さげです。

 

卓上にはたくさんの謎の調味料。なんかテンションが上がります。

 

シンハービール(600円)

 

まずはタイビール。

 

タイ東北風サラダ(鶏肉)(800円)

 

思っていたよりは小ぶりな皿でやって来たタイ東北風サラダ。レタス、玉ねぎに細かく切った鶏肉、そしてパクチーがのっています。サラダだと油断していましたが、結構辛い。徐々に口の周りがヒリヒリとしてきました。

 

トムヤムクン(800円)

 

そして素焼きの鍋でやって来たトムヤムクン。

 

ふたを開けると異国の香りが漂います。

 

エビやトマトが入っています。スープは酸味や辛味は抑え気味ですが、レモングラスなどのハーブ類がよく効いて、深みのある味わい。

 

カオマンガイ(800円)

 

最後はカオマンガイ。ニンニクが効いた柔らかい鶏肉とご飯をよく混ぜていただきます。こういうワンプレートの料理大好きです。スープはあっさりで良いコンビネーション。昼ごはんにも良さそう。

 

タイ料理 バンコック

住所:岡山市北区田町2丁目11−1

営業時間:11:00~14:00(ランチ営業)

営業時間:18:00~3:00

定休日:不定休

駐車場なし/喫煙可

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

ユウキ プーパッポンカリーペースト 120g

ユウキ プーパッポンカリーペースト 120g

  • 発売日: 2019/04/15
  • メディア: 食品&飲料
 

kibi6.hatenadiary.jp

古民家のパン屋!閑谷学校にもほど近くカフェも併設した【てとて パン工房&カフェ】@備前市吉永

備前市吉永町にあるカフェ併設のパン屋「てとて パン工房&カフェ」に行って来ました。

 

場所は山陽本線の吉永駅から閑谷学校方面に向かう県道261号線から東に曲がって少し行った所。金剛川の南側で、吉永駅から徒歩12分ほどの場所です。

 

 

外観

立派な日本家屋といった外観。看板がなければパン屋だとは気づかないかもしれません。周辺もこんな感じの民家が建ち並ぶ住宅地です。

 

県道から曲がって店までの道は車一台分の幅しかない細い道で少し不安になりますが、この看板が目印です。ぶら下がった木彫りのパンのオブジェが可愛らしい。

 

駐車場は左側の建物の前に5台ほど停められます。

 

店舗部分は右側の建物となります。

 

関係ないですが、店の前にあった吉永町のマンホールの蓋。

 

店内

手前の扉はイートインスペースで、暖簾の奥でパンの販売をしています。パンの絵をあしらった暖簾が渋い。

 

暖簾をくぐってすぐのドアを開けるとパンの販売所となっています。

 

遅い時間に訪れたので少なくなっていますが、パンが並んでいます。こちらでドリンクも注文できます。

 

販売所の奥の中庭のようなスペースはオープンカフェとなっています。

 

気候の良い時期には気持ちよさそうなスペース。こちらはペットの犬同伴でもいいようです。

 

こちらはイートインスペース。大きなテーブル席が一つと、窓際にカウンター席となっています。

 

部屋の一角にはオーブントースターが置いてあるので、購入したパンを温めることも出来ます。禁煙。

 

蔵っぽい雰囲気で天井が高いです。剥き出しの梁にはこんなディスプレイ。

 

メニュー

パンと同時に注文できるドリンクメニュー。350円以上のパンと同時注文でお得になるセットメニューもあります。テイクアウトも可。

 

ジャワティーとか懐かしいです。 

大塚食品 ジャワティ ストレート レッド 無糖 500ml×24本

大塚食品 ジャワティ ストレート レッド 無糖 500ml×24本

  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 食品&飲料
 

 

チャイティー(380円)

 

販売所で注文・会計をして、イートインスペースで待っていたら、席まで運んでくれた備前焼の器のチャイティー。ちゃんとスパイスを感じる本格的な味。砂糖入りですがほどよい加減でほっこりします。

 

本当はこだわりのありそうなコーヒー系のドリンクを注文したかったのですが、残念ながらコーヒーマシンを洗ってしまったとの事でその他メニューから選ぶことに。遅い時間に訪れたので仕方ありません。

 

塩あんパン(200円)

 

こちらは持ち帰りした塩あんパン。

 

中にはあんこが程よく入っています。あんこは甘すぎず品があり、口の中でランダムにあんこの甘さが訪れる感じが楽しいです。

 

その他

近隣に手ごろな喫茶店がなく、カフェ目的で立ち寄ったので控えめにパン一個の購入でしたが、もっといろいろ買えばよかったと後から少し後悔しました。インスタに色々なパンがあげられています。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

てとて パン工房&カフェ(@tetote.nobusun)がシェアした投稿 -

 

今回は閑谷学校を訪れた帰りに立ち寄ったのですが、現地含めて周辺にあまり一息つけるようなカフェは他にないみたいなので、観光のついでに寄るにはなかなかいい場所にあるお店です。閑谷学校から車で7分。パンがたくさん残っている早めの時間に訪れることをお勧めします。

kibi6.hatenadiary.jp

 

ちなみにお店のサイトに掲載されているコラムは、SEO対策のためなのか、出来の悪いAIがキーワードを散りばめて作文したような、狂気を感じる怖い文章になっているので面白いです。

岡山 飲食店 人気 | 備前パン工房コラム | 備前パン工房カフェ

 

てとて パン工房&カフェ

住所:備前市吉永町南方1094

営業時間:8:30~18:00 

定休日:月・火

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

カキオコの町!備前市の【日生】を散策 その2

備前市日生(ひなせ)のカキオコ店が集まる日生商店街を散策した前記事の続きです。

kibi6.hatenadiary.jp

 

日生港 日生諸島定期船 桟橋

商店街入り口のY字路の南側は海。日生諸島(鴻島・大多府島・頭島)への定期船の港となっています。船は意外と新しい感じでスタイリッシュ。ただし船の名前は「NORINAHALLE(のりなはーれ)」です。

 

ここから国道を東、日生駅方面へ歩いて行きます。すぐになだらかな坂道となり、道も狭く歩道もないので、ビュンビュン走る車が若干怖い。

 

 

安良田(あらた)お好み焼き店

そんな道の途中にあるカキオコ店。車だと気づかずに通り過ぎてしまいそうです。実は日生でもっとも古いお好み焼き屋だそうです。

 

手作り感のある暖簾が可愛らしいです。

 

店内の様子はうかがい知れませんが、お店の自己申告ではこんな感じ。

 

駐車場は未確認ですが、この手前にある信号を曲がってすぐの所にあるようです。市営定期駐車場があるので、その中に確保されているのだと思いますが詳細は不明。

 

さらに歩くと歩道が現れて、歩きやすくなりました。歩道の上の時計はよく見ると魚の形をしていて、釣り上げられているデザイン。

 

遠くに見える山は紅葉でモコモコです。

 

足元には日生の名物や特産品が描かれたタイルがあちこちに。これは鹿のイラストです。

 

市役所 日生総合支所

市役所の支所。なかなか大胆な武骨なデザインの建物です。

 

ここに車を停めてカキオコを食べに行っている人もいるみたいですが、正式に観光目的で停めていいのかは不明です。

 

その前には観光案内板。

 

酒井商店

なかなか渋い店構え。居酒屋かと思ったら酒屋さんでした。

 

海が見えたところで、国道を離れ海沿いを歩きます。

 

料理旅館 鹿久居荘 日生店

旅館ですが1階は大きな水槽で魚が泳ぐいけす料理屋になっていて、新鮮な魚介が食べられます。カキオコもあります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

日生味楽宴 秀吉(ひできち)

小洒落たカフェっぽい外観ですが、刺身や天ぷらなど和食メインのお店。オーシャンビューです。

 

カキオコは分かりませんが、牡蠣づくしのコースはあるようです。店の前に駐車場あり。

 

目の前は日生駅前にある港、中日生港(日生駅前港)で、停泊しているのは小豆島へ向かうフェリー。背景は紅葉する山で、何となく外国っぽい風景に見えなくもないような気がしないでもないです。

 

備前♡日生大橋

見えてきたのは本土と鹿久居島(かくいじま)を結ぶ備前♡日生大橋。その先には鹿久居島と頭島(かしらじま)を結ぶ頭島橋があり、船に乗らずに島へ渡ることが出来ます。

 

ちなみに頭島大橋は鹿が良く利用しているようで、濡れずに島を渡れると喜んでいるのかもしれません。まさにただ乗り、税金泥棒です。

 

 cafe RAD(カフェ ラッド)

オープンな屋外テラスもある洒落たカフェ。カキグラタンなどの牡蠣料理もあります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

さらに先は何もなくなりそうですが、この先には旅館やカフェ、食事処に民家などもあって意外と町っぽい雰囲気。

 

五味の市

海沿いをぐるっと回ってたどり着くのが五味の市。

 

牡蠣や…

 

魚などの販売をしています。見るだけでも面白いです。

 

その場で食べられるフライなども販売。

 

これはソフトクリームにカキフライを突き刺し、刺身醤油をかけた「カキフライソフトクリーム」。場がザワつくやつです。

 

ちなみに購入したりしたものを食べる場合は、この写真に見えている2階部分の休憩所がおすすめです。テラス席もあったりするのですが意外と人が少ない。

 

建物の外でも色々と販売ブースが出ています。これは杵つき餅の実演販売。県北の「おろスカイファーム」というところがやっているみたいです。

 

その場であんこを包んでいます。

 

色んな種類の餅を販売。

 

よもぎ 1パック(350円)

 

というわけでよもぎを購入。出来たてだからか、思ってた以上の餅の柔らかさに驚きました。

 

その他、カキオコなどの屋台も出ています。

 

ここは広い駐車場がありますが、朝10時の段階でほぼ満車。ただ出ていく車も多いので、停められないことはないかと。

 

片隅では、サンタ姿にヒョウ柄ジャケットのお姉さん達が踊るミニコンサート。昔のサーフロックやオールディーズを演奏していて、良い意味でユルくていい感じでした。その向こうに見えるのはコンビニもある「海の駅しおじ」です。

 

海の駅しおじ

五味の市と同じ漁協が運営する施設。アナゴの実演販売などもしていました。ちなみにここのコンビニ「ポプラ」はお土産品なども販売していますが、24時間営業ではないので注意。

 

そしてその裏がバーベキュー会場。五味の市で買った牡蠣などの魚介をここで楽しむことが出来ます。

 

炭を入れたU字溝に網を渡してその上で焼きます。まだ満席ではなかったですが、午前中からかなり賑わっていて楽しそうでした。

 

ごはん家 ぼろ小屋

海の駅しおじのすぐ隣にあるごはん処。牡蠣料理はありますが、カキオコはないようです。

 

このまま先に進めば今回のスタート地点、定期船 桟橋に戻ります。

 

その他

お好み焼き もりした

今回国道を海側に曲がった所で、反対の山側に行ったあたりにあるカキオコ屋。隣の本屋が渋いのですが営業しているのでしょうか?この本屋の前に車を停めることが出来ます。あまり広くないので車がはみ出してしまっていますが、これ、日生の駐車場あるあるです。

 

この周辺にも何店かカキオコ店があります。

 

ご当地マンホールの蓋。ゴテゴテといろいろ詰め込み過ぎてしまって何が何だか分からないデザイン。微笑ましい。

 

哲也渡船

日生駅西の国道沿いにある釣り客などに船を出す店。なかなかインパクトのある店名です。

ゴールデン☆ベスト 渡哲也[スペシャル・プライス]

ゴールデン☆ベスト 渡哲也[スペシャル・プライス]

  • アーティスト:渡哲也
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: CD
 

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

カキオコの町!備前市の【日生】を散策

岡山県備前市にあるカキオコの町として有名な日生(ひなせ)を散策してきました。

 

日生は岡山県の東部にあり、兵庫県と隣接する町。赤穂線日生駅からアクセスすることが出来ます。

 

 

日生商店街

日生諸島への定期船が出ている日生港桟橋近くの、国道250号線からY字路で分岐する日生商店街入り口からスタート。

 

この商店街の通りにはカキオコのお店がいくつかあります。ガイドマップなどではどのお店も駐車場ありとなっているのですが、具体的な場所がいまいちわかりづらかったので、それもついでにチェックしてきました。

 

はきもの屋の看板に書かれた「自力運動靴」。力強いネーミング。大河ドラマ「いだてん」のハリマヤを連想してしまいます。

いだてんが駆け抜けた時代

いだてんが駆け抜けた時代

  • メディア: Prime Video
 

 

浜屋 みっちゃん

かすれて読みづらくなった看板に歴史を感じるカキオコ屋。営業時間中はのれんが出ているので、まだ入りやすい雰囲気かと思われます。

 

駐車場は少し先に行ったこの建物の中。

 

さらにその先のこの駐車場に3台分が確保されています。

 

来た道を振り返ってみたところ。レトロ感あふれまくりの商店街というよりは、そんなお店がぽつぽつとある感じの通りです。

 

まるみ

通りを曲がって国道に出る路地にあるカキオコ屋。

 

通りに戻ってすぐの所にある、建物自体は古いが内装などは新しそうなカキオコ屋。店名が同じ「まるみ」なので先ほどのお店と同じお店ってことなんでしょうか。最初のお店では手狭なのでこちらにも拡張したという事なのかもしれません。

 

秘密のケンミンSHOWで紹介されたみたいですね。

 

車はこの先の突き当りの駐車場内に停められます。

 

上に引っかかったビニール袋が味わい深い路地。こちらは山側に向かう路地です。

 

「Bar シャコ」って、すごい名前だなと思ったのですが、「シャコ」じゃなく「ジャコ」でした。すごいことには変わりありませんが。

 

元の通りに戻ってさらに行くと、ちょっとした人だかりが出来ています。

 

ほり お好み焼き

目立つ黄色の建物のカキオコ店。カキオコ発祥の店として知られる「ほり お好み焼き」です。せっかくなら発祥の地で、という事なんでしょうね。かなりの人気ぶりです。

 

駐車場はこのお店入り口の斜め前に8台分あります。

 

こちらは店の裏側の国道側。こちらに軽自動車、バイク用の駐車場があります。

 

岩本鮮魚店

昔ながらの鮮魚店。こういうタイプの魚屋さん、昔はよく見かけた記憶があります。

 

海鮮居酒屋岩ちゃん

居酒屋。牡蠣料理は食べられるみたいですが、カキオコが食べられるかは不明。

 

うどん・釜めし ひこざ

渋い佇まいのお店ですが、営業していないみたいです。

 

ひかり健康堂薬店

来た道を振り返った所。「念ずれば花ひらく」は薬屋「ひかり健康堂薬店」の看板。

 

さらにもう少し行った所から再度振り返った所。いかにも商店街入り口っぽいゲートがあります。商店街名とか何も掲示されていないのが少し寂しい感じですが。

 

ゲートの左手が少し広い駐車場になっていて、「まるみ」などいくつかのカキオコ店の駐車スペースがあります。

 

ここで一旦、通りは途切れて八木山日生線(県道260号)にぶつかり、T字路となります。

 

げんべや中村商店

国道の信号のある交差点に向かう道沿いにある、昔ながらの商店。懐かしい感じがします。現役バリバリです。

 

こちらは山に向かう方面。狭いことは狭いですが、歩道があって一応は主要道路っぽい。少し先に行ってみます。

 

cafe晴風船(はるふうせん)

通りをすぐ行くとあるカフェ。店の前に駐車場あり。魚屋さんが経営するカフェだそうで、美味しい魚料理が食べられるみたいです。

 

鈴木鮮魚店

隣にあるのがその鮮魚店。お店の前で何やら作業をされています。後ろの電柱に吊るされた干物といい、港町感のある光景です。

 

「がんぞう」という黄色いのぼりが見えますが、これも日生名物だそう。調べてみるとデビラカレイ、ガンゾウビラメともいわれるヒラメの一種のようです。

 

営業終了後のカフェの駐車場の片隅でも干物製作中。この鮮魚店は昔ながらの魚屋さんといった趣ながら、店内も新しめでお惣菜系も多く、店の前で干物か何かを焼いていたりもするようで楽しげな雰囲気。

 

 オンラインショップもやっているみたいです。

 

カメイベーカリー

その隣はパン屋さん。日生では最も歴史のあるパン屋で、油パンが人気のようです。道路の向かいに駐車場あり。

 

この少し先で歩道がなくなります。先ほどの商店街のゲートがあった付近に戻ります。先ほどのT字路はクランクのようになっていて、突き当りをズレるとさらに先に道があるので、国道と並行するその道を進みます。

 

その道を曲がって山側に続く道の途中にカキオコ屋「お好み焼き きまぐれ」の看板。この先にあるようです。駐車場ありとの情報ですが未確認。Googleストリートビューで見ることが出来ない場所なので、この狭い道を車で行くのは不安な感じもしますが、信じていくしかないですね。

 

喫茶エリート

元の道に戻って先へ。眼鏡のサラリーマンが日経新聞読んでいそうな良い名前の喫茶店ですが、残念ながら営業はしていない模様。

 

まったりしているところを見つかった猫。人懐っこい猫で、カメラを構えるとこちらにすり寄って来て、なかなか写真に収まってくれませんでした。可愛いのですがもうちょっと空気は読んでほしい。

 

しばらくすると急に落ち着いてしまってこんな姿に。

 

 山東水餃大王

その先のY字路にある渋い水餃子のお店。

kibi6.hatenadiary.jp

 

この先、この周辺唯一のコンビニ、ローソンに突き当たりさらに道は続きますが、ここで国道に出て、最初の場所に戻ります。

 

川本広明鮮魚店

水路を挟んだ道の向こうにも鮮魚店が。こういう鮮魚店が多いのはすごいですね。ここでも何やら店先で作業中です。

 

お好み焼き 泉富久

国道沿いにある夜遅くまでやっているカキオコ屋。駐車場あります。

kibi6.hatenadiary.jp

 

国道を離れて、水路上の橋から先ほどの魚屋方面を望んだところ。遠くの山の紅葉がきれいです。

 

国道に戻り歩き続けて最初のY字路付近に戻ってきました。よく見るとこんな溝のようなものも道路だったりします。あちこちに人ひとりが通れるくらいの幅の小道があって、思わず迷い込みたくなっちゃいます。

 

その2に続きます。

kibi6.hatenadiary.jp

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

夜も営業!牡蠣たっぷりのカキオコ【お好み焼き 泉富久】@備前市日生

備前市日生(ひなせ)の「お好み焼き 泉富久(せんぷく)」で日生名物カキオコを食べてきました。

 

場所は国道250号線沿いで、赤穂線日生駅から徒歩15分ほどの場所です。

 

 

日生のカキオコ屋はお昼営業のお店がほとんどですが、この「泉富久」は夜10時まで営業。近隣のどこかに遊びに行った帰りに立ち寄ったりもできるので便利なお店です。

 

外観

年季を感じる建物。表通りにありますが看板は小さく、車だと気づかず通り過ぎてしまうかもしれません。たくさんの「カキオコ」ののぼりが目印になりそうです。

 

店の横のいい雰囲気の路地にも看板があって、ここにも入り口があります。こちらからも入っていいのかは良く分からず、今回は表通り側から入店しました。

 

看板を見ると「カラオケ・やき鳥」と書かれていて、昔はこちらがメインの入り口の居酒屋だったのかもしれません。今も、かもしれませんが。

 

店の裏側にわずかですが駐車場があります。すぐ西側の信号で曲がってアクセスするのが分かりやすいかと思います。曲がるとすぐに広めの駐車場があり、その一部がお店の駐車場となっています。

 

駐車場の場所自体は分かりやすいのですが、そこの中のどこに停めていいのかは分かりづらいので、よく分からない場合は店員さんに確認するのが無難です。

 

今回、一旦停車してお店に確認に行ったら、店員さんがわざわざ外に出てきて案内してくれました。

 

店内

入るとすぐ、4人座れる鉄板のカウンター席。

 

そしてその右に4人掛けのテーブル席。これだけ。少ないです。

 

ただこのカウンターとテーブル席の間の通路を通ると、路地側から入れる店舗につながっていて、確認していませんがそちらにも座席があるようです。情報では全部で30席あるとの事。

 

メニュー

お好み焼き、モダン焼、焼きそばとお好み焼き屋定番メニューが並んでいます。ご飯・味噌汁がつく定食にすることも出来ます。一部の人には拒否反応があるやつですね。

 

その他、カキ串やカキフライといったメニューもあります。持ち帰りもできるようです。

 

注文すると早速、調理開始。目の前でどんどんと生地の上にカキがのせられていくのを見るのはテンションが上がります。

 

カキは何個まで、と自重する気のない、のせられるだけのせるというワイルドな感じが嬉しいです。

 

隣のスペースでも牡蠣が焼かれ始めます。

 

こちらはうどんと野菜を投入して焼うどんに。

 

焼うどん(カキ)(1,000円)

 

席の前に寄せられて、まずは焼うどんが完成です。湯気が立って熱々。牡蠣の旨味がうどんに絡んで、ただの焼うどんからのレベルアップ具合が半端ない。

 

使っているのはおそらくカープのソース。甘ったるすぎず割とあっさり目で、好みの味でした。焼うどんは時折かき混ぜないと焦げ付いてしまうので注意が必要です。

 

カキオコ(1,000円)

 

そしてカキオコも完成。どこをどう切っても必ずカキが出てきます。もっちりした生地に牡蠣の旨味とプリっとした食感が加わり、これはカキオコにしか出せない味だよなと思いながら、ハフハフと一気に完食です。

 

卓上にはマヨネーズやソースがあるのでお好みの味に調整できます。また、隣のテーブル席には出来上がったものを鉄板の皿にのせて提供するようです。

 

お好み焼き 泉富久(せんぷく)

住所:備前市日生町日生890

営業時間:10:00~22:00(変更になる場合あり)

定休日:不定休

駐車場あり

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

カープ お好みソース900ml

カープ お好みソース900ml

  • メディア: その他
 

kibi6.hatenadiary.jp

海を眺めながらほっこり!洒落た雰囲気のカフェ【cafe RAD】@備前市日生

備前市日生(ひなせ)にあるカフェ「cafe RAD(カフェ ラッド)」に行って来ました。

 

場所は国道250号線を南に行った所で、港の見える丘公園のある楯越山(たてごえやま)の西側です。赤穂線日生駅から徒歩10分ほどの距離。

 

 

外観

ピンクの外壁が可愛らしい建物です。左にあるのはコンテナで、倉庫でしょうか。

 

入り口付近。クマの置物がお出迎えです。奥に長い建物でその先は日生湾です。

 

道路から奥まったところに建物があるので気づきにくいかもしれませんが、この看板が目印です。

 

建物の前、コンテナの横が駐車場。隣の敷地の奥に停めても大丈夫みたいです。

 

店内

入ってすぐの所にストーブ。奥に向かってテーブル席が並んでいます。外観同様、お洒落な店内です。店内禁煙。

 

テーブル席の後ろはカウンター。

 

季節的にクリスマスツリーもありました。窓から光が降り注ぎ、ストーブもあるので店内はポカポカと暖かくほっこりします。

 

建物の奥はウッドデッキで、屋外席となっています。海が見渡せます。

 

現在はビニールシートで囲ってあるので、冬でもそこまで寒くないかと。気候が良い時期は気持ちが良さそうです。

 

ウッドデッキからは「備前日生大橋」も見えます。

 

メニュー

ドリンクメニュー。

 

フードメニュー。ランチ限定で、カキフライやカキグランといった日生名物の牡蠣を使った料理も食べられます。

 

ケーキセットもあります。全体的にお値段高めですかね。

 

こちらがショーケースに並んだケーキたち。どれも美味しそうです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

RAD(@rad.hinase)がシェアした投稿 -

お店のインスタグラムでも色々とケーキを見ることが出来ます。 

 

コーヒー(500円)

 

備前焼でしょうか、ほんのりとピンクがかったカップに入ったホットコーヒー。少し個性のある味で個人的には好きです。

 

一緒に来たミルクと砂糖の器も素敵です。

 

cafe RAD(カフェ ラッド)

住所:備前市日生町日生641−47

営業時間:8:00~18:00

定休日:月曜

駐車場あり/店内禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

本場の水餃子!何個でもイケそうな日生の【山東水餃大王】@備前市日生

備前市日生(ひなせ)にある水餃子のお店「山東水餃大王(さんとんすいぎょうだいおう)」に行って来ました。

 

 

場所は、赤穂市と岡山市を結ぶ日生のメイン道路、国道250号線から少し北に入った所で、この周辺唯一のコンビニ、ローソンの近くです。赤穂線日生駅から徒歩15分ほど。

 

 

外観

建物に直書きされたかすれ気味の店名と、シンプルなのれん。かなりの歴史がありそうです。入るのに勇気がいる外観ですが、でも絶対美味しそうと思わせる何かがあります。

 

写真奥に見える道路が国道250号線。カーブしていて、赤穂方面から車で走ると絶妙の角度でチラっとお店が見えます。通る度に毎回気になっていたのですが、ようやく来ることができました。

 

駐車場は国道250号線から店の前を通ってすぐの所にあります。赤穂方面からだと角度がきついので、お店前ではなくその手前の信号からアクセスしたほうが良さそうです。

 

4台ほど停められますが、周辺の道路は狭く駐車スペースも狭いので停めにくいかもしれません。大きな車だと道路にはみ出てしまうかも。

 

駐車場所には分かりやすいように店名が書かれたプレートが掲示されていますが、「大王」「大王」…と並んでいて、なんか漫画っぽくて可笑しいです。

 

店内

入って左が厨房、カウンター席、右にテーブル席が2つ。

 

奥の壁際もカウンター席になっています。10人ほどで満席になってしまうような、こじんまりとしたお店です。

 

メニュー

餃子は水餃子のみとシンプル。その他のメニューも少なく、餃子を堪能するためのお店といった感じです。酸辣湯麵は土日祝の限定メニュー。

 

壁に掲示のメニューに季節限定のえび水餃子がありました。餃子は持ち帰りも可能です(冷凍餃子)。

 

水餃子は1人一人前の注文をお願いしますとのこと。おそらく一人一品は注文してほしいという事かと思います。

 

ネットでの販売もしているようです。外観からは想像できませんでしたが、意外と先進的。

 

酸辣湯(360円)

 

まずは酸辣湯。タケノコ、キクラゲなどが入って具沢山です。酸っぱさも辛さも控えめですが、卓上の酢や黒コショウでお好みに調整することが出来ます。

 

水餃子(7個入)(462円)

 

そして水餃子。薄めの皮で餡には岡山ポークと黄ニラを使っているそうです。軽い食べごたえで何個でもイケそう。

 

えび水餃子(4個入)(660円)

 

こちらは季節限定のえび水餃子。ごろごろ入ったえびの食感とうまみの詰まったスープ。良いです。

 

まとめ

ようやく気になっていたお店を訪れることが出来ました。期待通りのこだわりを感じる水餃子。水餃子は酸辣湯に入れてみても美味しいとの事。

 

何でも店主の方は台湾で修業されたそうで、スペアリブやキュウリのニンニク漬け、休日限定の酸辣湯麵などのその他のメニューも気になります。

 

日生に来るとどうしてもカキオコが食べたくなってしまいますが、あえて水餃子という選択も通っぽくていいかもしれません。カキオコを食べる前か後に訪れるというのも良さそうです。

 

山東水餃大王

住所:備前市日生町日生1306

営業時間:11:00~17:00(無くなり次第終了)

定休日:火曜

駐車場あり

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

ホットサンドのモーニング!ゆったりとした時間が流れる【珈琲館まるやま】@中区円山

中区円山にある喫茶店「珈琲館まるやま」でモーニングを食べてきました。

 

場所は市内中心から西大寺方面へ向かう岡山牛窓線(県道28号)沿いで、富山小学校の近く。お店の前の交差点の名前は「曹源寺口」で、岡山藩主池田家の菩提寺として知られる曹源寺の参道への入り口となっています。

kibi6.hatenadiary.jp

 

外観

正面から見ると大きく見えますが、横から見ると意外と細い建物。

 

レトロな感じの看板文字のデザインが良いです。かなり歴史がありそうです。

 

建物の前に駐車場があり、7台ほど停められます。ただし車のサイズ分のスペースしかないので、バックで入れようとしたり、入れ直したりする場合は道路にはみ出てしまいます。しかもこの道路は交通量の多い場所。停めるときは頭から突っ込むしかないと思います。

 

 

そして帰るときは、店の前の道路が三差路の交差点内なので、県道側の信号が赤の時に曹源寺側からの車に気を付けながらバックで出て切り返す、という事になるかと。車の出入りの難易度がちょっと高いお店です。

 

店内

横に長い構造。入って正面がキッチンカウンターで右側にテーブル席が並んでいます。席数はそれほど多くありません。店内禁煙。

 

落ち着く雰囲気で、地元の人たちがのんびりと過ごしている感じです。

 

メニュー

コーヒーだけでもたくさん種類があってこだわりを感じるメニュー。食事系のメニューはハヤシライス、ドライカレー、ホットサンドくらいで少なめですが、ドライカレーが有名みたいです。

 

ケーキメニュー。

 

モーニングやランチ、コーヒー豆の販売もやっています。

 

モーニング (ホットサンド(ミート) ブレンドコーヒー)(500円)

 

モーニングはトースト(バター、ジャム)又はホットサンド(タマゴ、ミート、チーズ、ツナ、カレー)シングルにドリンクが付きます。

 

今回はホットサンドのミートを選びました。軽めの程よい量です。

 

ミートは簡単に言うとミートスパのミートソース。いい焼き目の付いたカリッとしたトーストにトロっとしたミートソースのほんのりとした甘さ。どこか懐かしさを覚えます。薄く切ったキュウリの食感がいいアクセントです。

 

こだわりを感じるコーヒーも美味しく、ゆったりとした朝のひとときを過ごせました。

 

珈琲館まるやま

住所:岡山県岡山市中区円山1010−5

営業時間:9:00~17:00

定休日:水・木

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

ガレットとクレープの専門店!キノシタショウテン系列【USSU】@ブランチ北長瀬

今年6月にオープンしたブランチ岡山北長瀬内にあるガレット・クレーブを食べられるカフェ「USSU(うす)」に行って来ました。

 

場所は北長瀬駅からすぐのブランチ岡山北長瀬内。駅からだと遠い場所に位置しています。とはいっても徒歩2,3分で着いてしまいますが。

 

話はそれますが、まだオープンして半年も経っていないというのにブランチ北長瀬、平日の昼間だからか、閑散としています。

 

 

「USSU(うす)」は岡山県内に数店舗展開しているカフェ「キノシタショウテン」の系列店。ガレットに使用するそば粉を店内の石臼を使って挽いている事からこの店名となったそうです。

 

外観

ブランチ北長瀬内の他の建物と同様のシンプルな外観。入り口付近には目立つ看板もなく、ほぼ暖簾のみで中の様子も分かりづらく、若干入りにくい雰囲気を醸し出しています。

 

入り口から見て建物左側の面には大きな窓があって、こちら側からだとガラス越しに中の様子を窺えます。

 

そしてその窓ガラスをよく見ると、テイクアウト用の販売窓口になっていました。何回かこの辺りを通っていますが、今回初めて気づきました。窓ガラスをノックして店員さんを呼び出すシステムのようで、なんか面白いです。

 

駐車場は一定時間無料のブランチ北長瀬の共同駐車場を利用。各店舗で買い物をすることでさらに一定時間無料になるサービス券がもらえます。

 

ちなみにここの立体駐車場は、設計した人はきっと軽自動車に乗っているに違いないと確信したくなるような、一台の駐車スペースがタイトなつくりになっているので注意が必要です。ちゃんと停めても、運転手席側か助手席側のどちらかのドアが開けられなかったりする場合もあります。

 

店内

店内入ると左側が大きな窓でキッチンスペースになっています。キッチンにある2つの丸い鉄板がクレープ焼き器。奥にはカウンター席があります。

 

右側がテーブル席となっていて、それなりの席数。奥の扉の向こうに見えるのが店名の由来となっている臼(USSU)でしょうか?

 

キッチン側の大きな窓で店内は明るく、窓の向こうに見える緑が癒しを与えてくれて、非常に落ち着く雰囲気です。

 

店内禁煙。Wi-Fiはブランチ北長瀬のアプリをダウンロードすることで使えますが、敷地内の外れの場所にあるせいか、あまり電波は強くなさそうでした。

 

入り口付近では、コーヒーや器具なども販売をしています。店内では定期的にドリップ教室やラテアート体験といったワークショップも行われています。

 

メニュー

ドリンクメニュー。

 

それぞれガレット生地かクレープ生地を選べるフードメニュー。お好みですが、小麦粉を使った甘めのクレープ生地はスイーツ系のメニュー、そば粉を使ったガレット生地は食事系のメニューに合いそうです。

 

ドリンクがセットでついてきて、表示の価格はドリンク込みの値段となっています。(*一部追加料金が必要なドリンクあり)

 

スペシャルメニュー。

 

お子様用のクレープメニュー。

 

ケーキもあります。全体的に値段設定は高め。その他、10:00までモーニングもやっています。

 

チキンとピオーネ(クレープ生地)(1,320円)

 

レタスなどの野菜ものった「チキンとピオーネ」。生地はクレープを選択しました。レモンソースのチキンは柔らかく、ハーブの風味もいい感じ。野菜も新鮮です。それにピオーネが甘みというよりも酸味を加える働きで、クレープに包んで食べると絶妙のハーモニー。

 

アメリカーノ

 

セットのドリンクはアメリカーノ。使っている豆の生産者、原産国、標高などがわかるコーヒープロフィールが書かれたカードも一緒にくれました。こだわりが感じられます。

 

このカップはおそらく備前焼で、一見いびつな形に見えますが手にしっくりと馴染みます。使っている食器も含めてすべてに手を抜かないお店の姿勢に好感がもてます。

 

最後に試食でアイスを頂きました。懐かしさを感じる甘さがありながら、上品さも感じる味でした。

 

USSU(うす)

住所:岡山市北区北長瀬表町2丁目17−17番80号 北長瀬内 ブランチ岡山

営業時間:8:00~22:00

定休日:無 *元旦のみ休業

駐車場あり(ブランチ北長瀬共同駐車場)/禁煙

 

 

その他のキノシタショウテン系列店

kibi6.hatenadiary.jpkibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

痺れる一杯!広島式【汁なし担々麺 山貴】@西市

岡山市南区の西市にある「汁なし担々麺 山貴(やまき) 岡山店」に行って来ました。広島式の汁なし担々麺が食べられるお店です。

 

場所は国道2号線の北、岡山児島線(県道21号線)から西市の交差点を西に曲がってすぐのところです。備前西市駅から徒歩7分ほどの場所。

 

 

岡山店とありますが、今のところ店舗はこのお店だけのようです。おそらく。

 

外観

大通り沿いの奥に細長い建物。看板の「山貴」の文字の上に「廣島式(ひろしましき)」と書かれています。

 

こちらは昼の写真。

 

店の前と片側の横一面が駐車場になっていて7台ほどのスペースがあります。ただ、周辺の道路事情的に大きな車だと出入りに苦労しそうです。

 

店内

縦に細長い構造でここが店の一番奥の座敷席。

 

そこから入り口方面の壁には、テーブルが寄せられてカウンターのようになった小あがりの座敷席が幾つかあり、途中でテーブル席になっています。そして入り口付近に2人がけのテーブル席が2つ。小あがり部分のカウンター席の後ろが厨房です。

 

席の配置にクセがありますが、間取りにクセがあるからか一人客対応のためなのか、どちらにも取れそうな感じです。店内禁煙。

 

メニュー

メインのメニューは汁なし担々麺とあぶらそばの2種類。それぞれ量と辛さが選べ、それにライスや温泉玉子などの追加メニューを頼むのが基本のようです。

 

サイドメニューとして唐揚げ、その他にお子様セットもあります。

 

注文は店員さんに渡された注文用紙に書き込むスタイル。

 

ワカメスープ(麺を注文すれば無料)

 

こちらは無料で飲み放題のセルフサービスのスープ。レジの近くにあります。ワカメの他に豚肉も入っていて、しっかりとした味です。

 

汁なし担々麺 並 2辛(700円)

 

大き目の器に麺、その上に具材として肉味噌、ネギがのっています。汁も底の方に見えていますね。花椒(ほわじゃお)の香りが漂って食欲を刺激します。

 

広島式汁なし担々麺を食べたことはなかったのですが、ちゃんと美味しい食し方が紹介されているので安心です。

 

紹介に従って、麺を底からよく混ぜます。麺によく絡まったせいか、底に見えていた汁が無くなりました。ちなみにこの混ぜる過程で汁が結構ハネるので要注意です。気になる人は無料の紙エプロンをもらった方が良いかもしれません。

 

辛さは店おすすめの2辛にしましたが、そんなに辛くないかなと思いながら食べていると、あとからジワリと辛さとしびれがやってきました。特に花椒のしびれは食べるごとに強くなっていく感じ。だけど食べる手は止まりません。

 

卓上にはホールの花椒、唐辛子、醤油、酢が用意されています。辛さを和らげるには酢をかけるのがいいかと。無料のワカメスープも合間に飲むと少しホッとして、いい仕事をしてくれます。

 

食べる前は追い花椒をする気満々でしたが、全然その必要はありませんでした。逆に最初は1辛を頼んで、辛さをチェックしながら追い花椒や追い唐辛子をするのが賢いやり方かもしれません。

 

ライス(100円)

 

もうちょっと食べたくなってライスを追加で注文。

 

それをそのまま丼に投入。良くかき混ぜて坦々ライスにしていただきます。こちらは麺ほど辛さやしびれはなく、白いご飯のありがたみを感じます。麻辣を存分に味わった後の〆にふさわしい、少し安心するようなクールダウンするような味わい。箸だと少し食べにくいので、スプーンやレンゲがあると良かったかも。

 

この他、麺を食べた後の〆として、白ごはんもしくは麺を投入してからスープを注ぐ、という方式も用意されています。麺の後の〆に再度、麺ってなかなかですが、広島では普通なんでしょうか?気になります。

 

汁なし担々麺 山貴 岡山店

住所:岡山市南区西市591−4

営業時間:11:00~15:00

営業時間:18:00~21:00

定休日:火曜

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

辣椒漢 正宗担々麺(汁なし・太麺・冷凍)3食入

辣椒漢 正宗担々麺(汁なし・太麺・冷凍)3食入

 

kibi6.hatenadiary.jp

ショッピングモール内の中華!【上海常 イオン倉敷店】

イオンモール倉敷にある中華料理屋「上海常(しゃんはいちゃん)イオン倉敷店」に行って来ました。

 

場所はイオンモール倉敷1階のレストランコート内。

 

 

「上海常」は群馬、愛知、福岡、沖縄などのイオンモール、ゆめタウンといったショッピングモール内に出店しているお店で、現在全国に8店舗あります。「五穀」「しゃぶしゃぶ美山」「かかし」などの飲食チェーンを手掛ける倉敷の「ピアサーティ(PIER THIRTY)」グループにより運営されています。 

 

外観

たくさんのメニューサンプルが並べられ、事前に料理と値段が確認しやすいショッピングモールのレストラン仕様の外観。

 

店内

店内入ってすぐ、レジの前にドリンクバー。出入りの多い混雑時は渋滞しそうな位置取りです。

 

ドリンクバーの裏にボックス席。訪れた夜8時の時間帯はこちら側の席は使用されていないようでした。

 

ドリンクバーの反対側にメインの広いフロアがあり、ボックス席が並んでいます。

 

奥の窓側の席からはワクワクガーデンに面していて、この時期はイルミネーションを見ることが出来ます。

 

席数も多く、洒落たインテリアの店内です。禁煙。

 

メニュー

餃子とスペシャルセットのメニュー。餃子はテイクアウトもできます。

 

石焼炒飯と様々な一品が組み合わせられる石焼炒飯セット。どれも水餃子とスープがつきます。

 

チャーハンや焼きそば等のご飯ものや麺類をメインにした麺飯おすすめセットとミニ麺がつけられるセットのメニュー。

 

麺類、ご飯ものの単品メニュー。

 

麻婆豆腐、酢豚、八宝菜などの一品メニュー。一般的な中華メニューが並んでいます。それからお子様用メニューもあります。

 

期間限定の牛タンを使ったメニューとデザート、ドリンクメニュー。

 

ドリンクバーはイオンシネマでの映画券を提示してのランチだと無料になるなど、値段がお得になる各種条件があります。

 

というわけでまずはビール。いい泡です。

 

油淋鶏(ユーリンチー)(580円)、ライス&スープセット(250円)

 

油淋鶏は思っていたよりもボリューミー。爽やかな酸味のタレと敷かれた野菜でサッパリと頂けますが、肉は食べ応えがあってかなりの満足感があります。セットのスープはとろみのあるしっかり目の味付けで、中華料理屋にありがちな一応スープ的なやつです、みたいなのとは違ってちゃんとしています。

 

回鍋肉(ホイコーロー)(580円)

 

こちらは回鍋肉。豚肉にナス、たけのこ、ニンジンなどが入っています。量はそれほどありませんが、かなり濃厚な味付けでご飯が何杯でもイケそうな感じです。

 

上海常(しゃんはいちゃん)イオン倉敷店

住所:倉敷市水江1 イオンモール倉敷 1F

営業時間:11:00~22:00

定休日:不定休(イオンに準ずる)

駐車場あり(イオンモール倉敷の駐車場利用)/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

うどん天下一決定戦2連覇の味!倉敷うどん【ぶっかけ亭本舗 ふるいち 堀南店】

倉敷市堀南にある倉敷名物ぶっかけうどんのお店「ぶっかけ亭本舗 ふるいち 堀南店(ほりなんてん)」に行って来ました。

 

場所は国道2号線の南側、足高公園の近くです。水島臨海鉄道の浦田駅から徒歩約20分。

 

「ぶっかけ亭本舗 ふるいち 」は倉敷駅前に本店があり、その他イオンモール倉敷店など倉敷市に計7店舗、岡山駅新幹線上りホーム店やイオンモール岡山店など岡山市に3店舗、その他、イオンモール四條畷店、イオンモール高知店と県外に2店舗あります。

 

 

ふるいちは、全国のご当地うどんが集まる祭典「うどん天下一決定戦」で2016,17年と二年連続で一位になった事で全国的に知られる存在となったお店。「ぶっかけうどん」もこのお店の登録商標なのだそうです。ぶっかけうどんというと香川のイメージが強いですが、倉敷でも昔から食べられていたとのこと。

 

外観

明るくモダンな外観。

 

丸に「ぶ」の字の看板が目印。同じ敷地内には業務スーパーエブリィがあり、広い共同駐車場があります。

 

店内

セルフ方式のうどん店。店内入って左の窓口でまずうどんを注文、うどんを受け取った後、トッピングコーナーでお好みで天ぷらやいなりずしを取ってレジで会計。その後に席に着くスタイルです。

 

トッピングコーナーの反対側にはお土産用のうどんが陳列されています。モンドセレクション最高金賞を受賞しているそうです。

 

客席はカウンタータイプの席が多いですが、奥にテーブル席、右奥に小あがりの座敷席があります。

 

メニュー

ぶっかけうどんメニューと下に汁うどんのメニュー。ぶっかけうどんは500円以上からと、セルフ方式のお店としては少し高めの価格設定ですかね。

 

ご飯ものはミニの山かけ丼と天丼があります。期間限定の「温玉カレーぶっかけ」というのもあり、カレーのいい匂いが漂っていました。

 

金曜日午後三時からは大盛りが無料になるサービスがあります。その他、夏季メニューのかき氷は隠れた人気だそうです。

 

電子マネーなどの支払いで、キャッシュレス5%還元の対象。うどんはテイクアウトも出来て、店内で食べるのと税込みで同一価格になる設定になっています。

 

肉ぶっかけ 温 並(610円)

 

注文したのは肉ぶっかけ。これは温かいうどんのみですが、種類によって冷たいものも選べます。たっぷりの肉に昆布、ネギ、かまぼこがトッピング。しょうがは店員さんがいるかどうか尋ねるのでお好みで。

 

よくかき混ぜていただきます。うどんは柔らかめでふわふわとした食感。甘辛の濃い汁によく絡みます。そこまで柔らかくはありませんが、なんとなく伊勢うどんっぽい感じ。肉も柔らかくて、他の具材も併せて全体のバランスがいいです。

 

ごまだれぶっかけ 温 並(570円)

 

こちらは鶏肉のそぼろ、ネギ、大根がのったごまだれぶっかけ。こちらも甘めの汁ですが、ゴマの風味が効いて一味違ったクリーミーな味わいです。

 

ちくわ明太(180円)、味付とり天(180円)

 

トッピングにちくわ明太と味付とり天。ちくわは齧ると明太が溢れてきて幸せな感じ。とり天はしっかりと味がついています。

 

その他

注文口の店員さんの対応が丁寧で、その他の店員さんも店内の様子に目を配っていて食器の返却を手伝ったりと、セルフなのに気の利く接客だったのが印象的でした。

 

今回訪れたのは休日の夜7時ごろ。家族連れでやってくるお客さんも多くて、注文口でときどき行列が出来たりしていましたが、波があって全然並んでいない時も。お客さんの回転は速いですが、次から次とお客さんがやって来ていました。観光客が大勢押し寄せる場所でもないので、地元の人に愛されているお店ということなんでしょうね。

 

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 堀南店

住所:倉敷市堀南783-1

営業時間:11:00~21:00

定休日:無 

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

濃厚鶏ガラ醤油スープ!岡山の名店をリスペクトした【中華蕎麦かたやま 中仙道店】

岡山市北区中仙道にある人気のラーメン屋「中華蕎麦 かたやま 中仙道店」に行って来ました。

 

場所は問屋町の西側、西小学校の近く。北長瀬駅から徒歩約15分です。

 

 

「中華蕎麦かたやま」は南区の2号線沿いに本店があり、この中仙道店と倉敷店、合わせて3店舗あるラーメン屋です。修業したとかの直接の関係はないようですが、岡山の老舗の名店「天神そば」をリスペクトしたお店との事。

 

外観

黒の外壁に木の看板、シンプルなのれんと渋い外観。独立した店舗のように見えますが、よく見ると一階建ての建物の一部が店舗となっています。

 

こちらは問屋町方面側。駐車場は建物の周りに軽自動車用含めて8台分。あまり広くなく、また交通量も多いので出入りはしにくいかもしれません。

 

店内

入り口手前には半分屋外の待合室。人気店だという事が分かります。

 

入って右奥に厨房があり、そこから右側はカウンター席、そして残りは4人席のテーブルが並んでいます。席数はそれほどありません。店内禁煙。

 

テーブルの真ん中を仕切るように水や調味料が置かれているので、お昼などの混雑時は相席をする前提なのかもしれません。

 

欄間の彫刻や木彫りのお面が飾ってあったりもして店内も渋い。いい雰囲気です。

 

今回訪れたのは平日夜の8時半くらいでしたが、最初は空いていたのに次々とお客さんがやって来ていつの間にかほぼ満席になっていました。ただ回転は速そうです。

 

メニュー

食券方式です。店内入った所に食券販売機があり、先ず食券を買って店員さんに渡すと席に案内してくれます。

 

ラーメンは基本の中華蕎麦が一種類。普通、大盛、2玉盛、2.5玉盛から量を選んで、好みに応じて肉多め、肉抜き、ねぎ蕎麦とオプションを付ける感じです。麺の硬さ、スープの濃さ、ネギ、もやし抜き、一味の先入れなどの好みにも対応してくれるので、食券を渡す際にその旨を伝えます。かなり自分流にアレンジできます。

 

その他、サイドメニューとして一口焼餃子、肉飯、明太子飯などがあります。

 

ちなみに販売機には似たようなボタンが並んでいて、初見では押し間違いをしてしまいがちなので注意が必要です。というのも今回、普通盛りのつもりが大盛りの食券を買ってしまっていました。しかもそれに気づいたのはこの写真を見ているたった今。自分でも驚いています。

 

一口焼餃子(10ヶ入り)(380円)

 

一口サイズの焼餃子。軽い食べ応えで何個でもイケそうです。お酒のつまみに良さそう。柚子胡椒が添えられているのもうれしい。

 

ねぎ蕎麦 大盛(950円)

 

注文したのはねぎ蕎麦。ラーメンにネギが多めに入ってやってくるかと思いきや、別の器にネギが山盛りでやって来ました。

 

まずは中華蕎麦。ネギ、チャーシュー、半熟卵半分、かまぼこなどの具材が入っています。写真には写っていませんがもやしも入っています。結構な具だくさん。

 

そして、そこにネギを投入。これでもまだ半分くらいしか入れていません。ネギ好きにはたまりません。

 

麺は細めのストレート麺、スープは鶏ガラベースの醤油味です。少し甘みも感じるスープは濃すぎずクドくなくて、あっさりとしています。麺との相性も良くて、結構好み。

 

具だくさんでかなりの満足感がありますが、後から考えるとそれは大盛りだったからなのかも。

 

卓上の調味料。粉末と粗挽きの2種類の唐辛子があるのが珍しいです。唐辛子をたっぷりかけるという食し方も人気みたいです。

 

そしてらっきょうがあるのも珍しい。爽やかな酸味で、脂っこくなった口の中がすっきりします。

 

スープが薄いと感じたら、店員さんに頼んで濃くしてもらうことが出来ます。個人的に岡山のラーメンは濃く感じることの方が多いので、こういう風にしてくれた方がありがたい。色々と融通が効くので、何度か通えばスープや麺の茹で具合が自分好みの最高の一杯を作り上げることが出来そうです。

 

中華蕎麦かたやま 中仙道店

住所:岡山県岡山市北区中仙道55−107

営業時間:11:00~15:00(平日)

営業時間:18:00〜22:00(平日)

営業時間:11:00~22:00(土日祝)

定休日:水曜

駐車場あり/禁煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

空港でモーニング!【レストラン シャロン 岡山空港店】

岡山桃太郎空港内にある「レストラン シャロン 岡山空港店」でモーニングをしてきました。

 

場所は空港2階の国際線と国内線の出発ロビーの間にあります。出発前のひとときを過ごすのにはいい場所。

 

 

ちなみに空港内で食事ができるお店は4店舗。そのうち早朝からやっているのがこのお店と「サンマルクカフェ」(6:30~)。8時からは「手打ちうどん 桃太郎」、11時から「九州筑豊ラーメン 山小屋」が営業を始めます。

 

外観

国内線チェックインロビーから2階に上がると正面がレストラン。回り込んだところが入り口です。向かいはお土産などが買える天満屋空港ショップ。

 

店内

広い店内にテーブル席が並んでいます。白を基調とした店内で照明は落とし気味。天井にはシャンデリアで、昔のちょっと高級なレストランの雰囲気です。

 

国内線出発ロビー側はガラス張りで、その前にカウンター席があります。

 

飛行場ではなく駐車場に面した窓側はボックス席。店内禁煙。Wi-Fiは空港の無料Wi-Fiが使えます。

 

メニュー

朝食メニュー。定番のトーストや卵料理、サンドイッチの他に、ご飯と味噌汁の和食、カレーやうどんもあります。全体的に若干高めの空港価格。

 

「卵とじ定食」とか「朝のおばんざい定食」の英語表記は正確なのか、不安になります。

 

デザートとドリンクメニュー。アルコールもあります。

 

メニューはその他にもありますが、朝10時までは朝食メニューからしか注文できません。

 

反射してあまりよく分かりませんが、通常メニュー。和洋どちらもあるファミレス風の構成です。岡山らしいメニューとしては、「デミカツ丼」「ホルモンうどん」「ままかりちらし寿司」「海老めしプレート」などがあります。

 

ミニサンドセット(527円)

 

コーヒーにサンドイッチがつくミニサンドセット。サンドイッチはツナときゅうりのサンド、卵とハムのサンドの2種類。ポテトが添えられています。少しお腹に入れておきたいときにはちょうど良いボリュームです。

 

まとめ

ざわつきがちな場所である空港の中で、その喧騒から少し離れてしばしゆっくりできる空間。座り心地のいい椅子と落とし気味の照明で落ち着きます。ただ、ガチャガチャ、ガチャガチャと雑に扱われる食器の音が店の奥から断続的に聞こえてくるのが、気になる人は気になるかとは思います。

 

店を訪れたのは平日の朝の7時半ごろ。便数が多い時間帯という事で、店内はかなり混みあっていました。ただ時間が経つにつれ少しずつお客さんは減っていき、30分後くらいには数人のみ。空港内のお店なので当たり前ですが波がありそうです。

 

これはお店じゃなくて岡山空港の話ですが、空港内の食事できる店が4店舗しかないのに、そのうち二つが九州の筑豊ラーメンと讃岐うどんのお店って、岡山色が全然ないけどいいのか、岡山桃太郎空港?という感じはします。

 

レストラン シャロン 岡山空港店

住所:岡山市北区日応寺1277 岡山空港ターミナルビル 2F

営業時間:06:15~13:30*

営業時間:15:00~20:00*

定休日:無

駐車場あり(空港の駐車場利用・一部有料)/禁煙/Wi-Fiあり(空港のWi-Fi利用)

*営業時間は変動する可能性あり

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp

食事も充実!老舗のケーキ屋【西洋菓子工房 ふじわら】@倉敷市笹沖

倉敷市笹沖にある「西洋菓子工房ふじわら」に行って来ました。

 

場所は倉敷駅から南にのびる道をまっすぐ行って、国道2号線を少し過ぎたところ。倉敷駅から車で15分ほどです。

 

 

西洋菓子工房ふじわらは倉敷市の老舗のケーキ店。昭和51年の創業だそうです。

 

外観

夜でも目立つ大きな看板。「西洋菓子&世界のコーヒー」という文句がレトロな感じでいいです。

 

入り口付近。ハロウィンの飾り付けがされていました。

 

駐車場は建物の横にあります。かなり広いです。

 

そして建物も大きい。一階部分が店舗となっています。老舗感のある外観。写真の左側の小さな建物がおそらくケーキを作っている工房です。

 

店内

入り口。

 

入ってすぐにショーケース。ケーキやロールケーキが並んでいます。

 

こちらは焼き菓子などのお菓子コーナー。

 

コーヒー豆も販売しています。

 

ショーケースの右手が喫煙ルーム。完全に仕切られてはいませんが、位置的に離れていて分煙です。

 

ショーケース脇から奥が禁煙スペース。テーブル席が並んでいます。

 

右手はカウンター席。ダークブラウンのアンティーク調のインテリアで、重厚感のある雰囲気です。照明や赤っぽいレンガ風の壁がいいです。

 

さらに左側にもテーブル席が並んだスペースがあります。絵画や食器なども飾られ、昭和のちょっと良い喫茶店といった雰囲気で、非常に落ち着きます。

 

メニュー

ケーキとドリンクのセットメニュー。

 

パフェやあんみつ、かき氷などもあります。

 

ケーキだけかと思っていたら食事メニューもありました。こちらはパスタセット。

 

本日のメインにグラタンやごはん、みそ汁などがつく「おふくろ弁当」。

 

カレー、シチュー、ピザなどのセットもあります。ケーキも売ってる喫茶店・カフェといった感じです。

 

モーニングもあります。

 

お客さんに向けたものなのか、マニュアルなのか曖昧な感じですが、誕生日ケーキなどの注文ケーキの料金表。生クリームを豆乳クリームに、小麦粉を米粉に、といったアトピーやアレルギーへの対応もしてくれるみたいです。

 

いちごのケーキ(380円)

 

イチゴがたっぷりのったいちごのケーキ。酸味が強めのいちごをすこし甘めの生クリームとスポンジが口の中で包み込みます。軽めの食べ応えで、ちょっとしたおやつに最適。食後のデザートにもいいかもしれません。

 

コーヒー(手作りケーキセット)(ケーキとセットで750円)

 

品のあるカップに、こだわりを感じるコーヒー。

 

シュークレープ(380円)

 

クレープ生地の上にシュークリームがのった見た目も楽しいシュークレープ。こちらはわりとずっしりとした食べ応えです。

 

その他

食べたかったモンブランがショーケースになかったので別のケーキを選んだのですが、会計時にはケースにモンブランが並んでいて軽くショックでした。ショーケースに並んでいなくても、もしかしたらあるかもしれないので、店員さんに聞いてみた方がいいかもしれません。

 

西洋菓子工房 ふじわら

住所:倉敷市笹沖395

営業時間:9:00〜20:30

定休日:木曜

駐車場あり/分煙

 

 

kibi6.hatenadiary.jp

kibi6.hatenadiary.jp